挑戦してみました( 3 )

Category
ポメラDM200を使い始めてから1ヶ月〜今では手放せないものになりました
ポメラDM200が手放せません ポメラDM200を使用し始めてちょうど1ヶ月たちました。 最初はどうなるかと思いましたが、今はポメラ無しでは文章が書けないと思うくらいです。 ポメラの愛好者を「ポメラー」「ポメラニアン」と言うそうですが、おそらく私も多少はその仲間入り出来たのでは無いかと思っています。
論語の勉強会が終了したので、改めて学んだことを書いてみました
「論語の会」の最終日でした 香港和僑会主催の論語の会の最終日でした。 9月から始まって約5ヶ月間参加した香港和僑会主催の論語の会。 出席した回数も10回に満たないくらいでしたが、貴重な体験ができました。
ポメラDM200の「キー割付」機能 ~ 右手首への負担を減らすポイントは「Enterキー」を極力使わないことです
ポメラは説明文を読んだ方が良いとアドバイスをもらいました 今回の帰国時のものくろさんのブログのコンサルティングの際に、ポメラのショートカットキーは便利なので説明書を読んだ方が良いとアドバイスをいただきました。 その後説明書を読んでみましたがよく分かりませんでした。 でもCapsキーとCtrlキーの割付は自分でも使えると...
ポメラDM200で親指シフトの練習 ~ 親指の位置は3種類から選べます
ポメラDM200で親指シフトキーを選択 ポメラは、キー入力方法を親指シフトに選択することが出来ます。 メニューよりキー設定を選びます。 親指シフトを選択します。 左親指シフトと右親指シフトのキーを選択します。 同時打鍵の判定時間も選択できます。 選択パターンは3種類 パターンは3種類あって、それぞれこのような特徴があり...
親指シフトの入力練習を始めて2ヵ月がたちました 〜 ゆるやかに前進しています
親指シフトの入力練習をはじめてちょうど2ヵ月たちました。 最初の1か月目に比べて習得のスピードも遅くなり、気持ちが焦らないことも無いのですが、なんとか毎日最低10分の練習時間は確保できています。
親指シフトの練習を継続させるコツは「文字数をカウントすること」と「Facebookで報告すること」です
親指シフトの練習を始めてちょうど1ヵ月になりました 親指シフトの練習を始めてちょうど1ヵ月になりました。 1ヵ月なんとか練習を続けていられる原因は、「毎日計測をすることで進歩していることを把握できること」、そして「毎日Facebookで報告をしていること」があげられます。
日本でダウンロードしておいたアマゾンプライムビデオを香港で視聴しようとしたら、「ドラマ」だけ先に端末から消えてしまっていました
日本でレンタルしたアマゾンプライムビデオを観ています 日本でレンタルしたアマゾンプライムビデオを観ています。 私は先月に日本に滞在した際に、6インチのKindle端末にあらかじめ幾つかの映画やドラマをダウンロードしておきました。
親指シフトの習得は楽器の習得に似ています
親指シフトの練習を始めて約2週間経ちました 親指シフトの練習を始めて約2週間経ちました。 ワークショップを受けるまでは出来るかどうか半信半疑でしたが、今のところ順調に練習を続けられています。 練習を続けてみて分かってきたのが、これは楽器の習得によく似た工程であるという事です。
香港在住で日本のAmazonプライムを使用する場合、日本に頻繁に帰国出来れば十分メリットがあります
Amazonプライムの申し込みをしました 日本のAmazonプライムは年会費3,900円のサービスで、登録すれば配送無料やAmazonプライムビデオなどのサービスが提供されます。 私はAmazonをかなり頻繁に使用していますが、今までAmazonプライムを使用する事はありませんでした。 香港に住んでいてどこまでこのサー...