100年以上の歴史がある油麻地果欄で日本の「ウオーゴーサン」の富有柿を買った

100年以上の歴史がある油麻地果欄で日本の「ウオーゴーサン」の富有柿を買った

油麻地果欄

久しぶりに油麻地果欄に行ってきました。

ここは100年以上前から続いている果物専用の市場です。

時々ここに来て日本の果物を買っています。


ここに売られているものは決して値段が安くないのですが、普段スーパーなどで高くて買えないような日本の果物などを、比較的安価で買うことが出来ます。

ぶどうは高かった

今はぶどうのシーズンでした。

それにしても日本のぶどうは高い。

1房2000円のぶどうはさすがに手が出ません。

「ウォーゴーサン」の富有柿

そんな中で比較的安価だったのが柿です。

今回お買い得だったのがこちらのとても大きな富有柿です。

4個で100ドル(約1,500円)とかかれてありましたが、割り引いて90ドル(約1,350円)になるそうです。

日本としか書かれていなかったので、日本のどこが産地か聞いたところ、「ウォーゴーサン」と言われました。

私が??といった顔をすると、「和歌山」と書かれた段ボール箱を見せてくれました。

和歌山は広東語だとウォーゴーサンになるんですね。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :