20年ぶりのお伊勢参り〜(3)午後は内宮を参拝

20年ぶりのお伊勢参り〜(3)午後は内宮を参拝

お伊勢参り

お伊勢参りに来ています。

前回おかげ横丁にある海老丸で食事をしたあと、今度は内宮(ないくう)を参拝しました。


内宮

内宮は正式名称を皇大神宮と言って、皇室の祖である天照大御神がまつられています。

そのご神体は三本の足を持つ八咫烏(やたがらす)です。

宇治橋

五十鈴側にかかっている木製の橋である宇治橋は、全長101.8メートルの檜造りの橋です。

この宇治橋を渡って内宮の中に入って行きました。

正宮(しょうぐう)

正宮は内宮の中心となるお宮です。

ここでは皇大神宮と呼ばれる天照大御神がまつられています。

荒祭宮(あらまつりのみや)

ここは天照大御神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮です。

風日祈宮(かざひいのりみや)

風日祈宮は風の神をまつる別宮です。

風日祈宮にはこの橋を渡って行きます。

あっという間に終わってしまったお伊勢参りですが、みんなと学びながら参拝できたのが良かったです。

広告

コメントComments Off