20年ぶりのお伊勢参り〜(3)午後は内宮を参拝

20年ぶりのお伊勢参り〜(3)午後は内宮を参拝

お伊勢参り

お伊勢参りに来ています。

前回おかげ横丁にある海老丸で食事をしたあと、今度は内宮(ないくう)を参拝しました。


内宮

内宮は正式名称を皇大神宮と言って、皇室の祖である天照大御神がまつられています。

そのご神体は三本の足を持つ八咫烏(やたがらす)です。

宇治橋

五十鈴側にかかっている木製の橋である宇治橋は、全長101.8メートルの檜造りの橋です。

この宇治橋を渡って内宮の中に入って行きました。

正宮(しょうぐう)

正宮は内宮の中心となるお宮です。

ここでは皇大神宮と呼ばれる天照大御神がまつられています。

荒祭宮(あらまつりのみや)

ここは天照大御神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮です。

風日祈宮(かざひいのりみや)

風日祈宮は風の神をまつる別宮です。

風日祈宮にはこの橋を渡って行きます。

あっという間に終わってしまったお伊勢参りですが、みんなと学びながら参拝できたのが良かったです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off