カラフルな建物が並んだ藍屋建築群を探索〜香港歴史散歩@灣仔

カラフルな建物が並んだ藍屋建築群を探索〜香港歴史散歩@灣仔

藍屋建築群

引き続き灣仔を探索しています。

旧灣仔郵便局の写真を撮った後に渡った信号に戻った所、道の向かい側にフォトジェニックな建物が見えてきました。


この一角は「藍屋建築群」と呼ばれています。

この一角はちょうど再開発が終わったばかりです。

次はこの一角を探索することにしました。

藍屋(1級歴史建築)

まずは一番目立つ建物である藍屋(Blue House)です。

藍屋は元々1872年に建てられた唐樓と呼ばれる低層の建物です。

当初は華佗醫院という病院でしたが、その後はお寺だったそうです。

1922年代に建物が立て直された後は、灣仔唯一の英文学校として使用されたり、武道の施設として使用されていたそうです。

香港故事館

藍屋の中にある香港故事館(Hong Kong House Of Stories)と呼ばれる小さな展示施設を見学しました。

週末だったので他にも観光客が多く来ていました。

黄屋(3級歴史建築)

次に同じブロックの裏にある黄屋(Yellow House)と呼ばれる建物にも立ち寄りました。

黄屋は1920年代に建てられた西洋風の建物です。

ここにも同じ香港故事館の施設が入っていました。

橙屋

この敷地内にはもう一つ建物があって、 橙屋(Orange House) と呼ばれています。

この建物は1950年代に建てられました。

コミュニティーフェスティバルは9月15日~11月26日まで

私がここに立ち寄った時は、この藍屋建築群でコミュニティーフェスティバルと呼ばれるイベントが行われていました。

イベントの期間は2017年9月15日から2017年11月26日までです。

建物内にも様々な展示がされていたり、ワークショップなども行われています。

期間内に行ける方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :