香港の旺角にあった1920年代の建物が再開発で壊されていました

香港の旺角にあった1920年代の建物が再開発で壊されていました

再開発

香港には様々な古い建物があります。

香港の歴史的建築物を管理する古物古蹟辦事處(Antiquities and Monuments Office)は、1950年より前に建てられた建物の中からその歴史的な価値を審査して、1級歴史建築・2級歴史建築・3級歴史建築にランクづけをしています。


寺院などはその歴史的な価値から保護されていることが多いです。

でも古い住宅などは、歴史建築として登録されていても、再開発により建物が無くなっていることもあります。

朗豪坊

旺角(Mongkok)にある人気のショッピングセンターである朗豪坊(Langham Place)

この朗豪坊の亞皆老街(Argyle Street)を挟んだ向かいのエリアは、床材や窓枠といった住宅資材を取り扱うお店が並ぶ地域です。

この地域にはかつて1920年代に建てられた建物が並んでいました。

この区画内だけでも10棟の建物があって、全て2級歴史建築に登録されていました。

建物は壊されていました

この場所に行ってみましたが、建物は残念ながら無くなっていました。

現在は市區重建局(The Urban Renewal Authority) の元再開発がされています。

今後出来る建物は単なるショッピングセンターでは無くて、歴史の保護をテーマにした施設にもなるようです。

再開発後はどのような形になるのかとても気になります。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :