FreetelのSIMカードが大量のデータ送信で数日で使えなくなったので、結局香港で買ったJPSIMの高速データ無制限タイプにした〜格安SIMカードの落とし穴(4)(まとめ)

FreetelのSIMカードが大量のデータ送信で数日で使えなくなったので、結局香港で買ったJPSIMの高速データ無制限タイプにした〜格安SIMカードの落とし穴(4)(まとめ)

FreetelのSIMは数日で使えなくなった

JR京都駅で購入したFreetelのSIMカード。

このSIMカードで旅行を乗り切ろうと思っていたのですが、思いがけないところに落とし穴がありました。

それは大量のデータ送信によって、数日で1GBを使い切ってしまい、途中で速度がガタンと落ちてしまったのです。

ブログの投稿には大量のデータを使う

Freetelの旅行者用のSIMですが、LINE facebook WhatsAppといったSNS投稿のデータの1部はデータ使用に当たらないのがメリットです。

でもブログの投稿に関してはこれには含まれません。そのためブログの投稿に大量のデータを使用することになってしまいました。

隙間時間に投稿するには高速データ無制限が基本

私は普段通勤の地下鉄の中などのWifi環境でない場所でブログを投稿するので、大量のデータを使います。

そのため、香港での携帯の契約プランも3Gですが速度が落ちないようにしています。毎月のデータ容量は6Gで20日位で使い切ってしまっていますが、速度が落ちないのでストレス無く使用が出来ます。

ここから考えると、そもそも私は1週間2GB~3GBものデータを使っているのです。このあたりの認識がかなり甘かったです。

最終的に当初出来なかった設定が出来た

速度が遅くなりすぎてどうにもならなくなったので、元々使えないと思っていたこのSIMカードの予備を使用することにしました。

このSIMは当初夫のために買っていたもので、使えないと思って残っていたのです。

プロファイルを削除してから新しいプロファイルをインストール

この設定の際に気をつけないといけないのが、プロファイルの削除です。

FreetelのAPNが入っているので、まずこれを削除します。

そのあと、新たにJPSIMのAPNをインストールします。

この手続きはWifiが必要ですが、夫の実家がWifi環境で無かったので、最初に格安SIMを入れていた予備のスマホのデザリング機能を利用しました。

JPSIMの無制限タイプ

このSIMカードはJPSIMというAPNをダウンロードするSIMカードで、日本でもアマゾンなどで取り扱いがあるようです。

いくつかのタイプがありますが、このカードは高速通信が無制限のタイプです。

若干データは遅いですが、高速通信が無制限で出来るのは魅力です。

しかも深水埗で買えば100ドルちょっと(約1600円)で購入できるので悪くありません。

まとめ~結局3種類のSIMカードを使った

結局今回の9日間の日本の旅行で3種類のSIMカードを使用しました。

そのメリットとデメリットをまとめてみました。

①Happy MobileのSIM(1日目~5日目)

  • メリット  設定の際ネットワーク環境で無くても良い
  • デメリット 速度が遅すぎて写真の投稿が出来ない

②Freetel(5日目~8日目)

  • メリット 速度が速い
  • デメリット モバイルデータを使用してブログの投稿を続けるとあっという間に1GB超えて速度が遅くなる

③JPSIMの無制限タイプ(7日目~9日目)

  • メリット  高速データ通信が無制限なのでブログの投稿がストレス無く出来る。
  • デメリット 高速といっても時間に寄ってはかなり速度が遅くなるので注意

比較表

その他の違いを表にまとめました。

次回は無制限タイプと予備を一つ用意する予定

今回はツーリストSIMカードについて色々調べることが出来て良かったです。

次回日本に買える時は、JPSIMの無制限タイプを1枚と、別のタイプの2種類を用意しようと思います。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住7年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off