子連れで奈良旅行~(4)「神様のお使い」の鹿を見ながら春日大社

子連れで奈良旅行~(4)「神様のお使い」の鹿を見ながら春日大社

春日大社

引き続き奈良観光を振り返っています。

今回は春日大社です。


春日大社は768年に創設された、全国にある春日大社の総本社です。

春日大社や春日山原始林も含む「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産に指定されているので、外国人の参拝客がとても多かったです。

鹿は神様のお使い

春日大社では鹿は神の使いとされています。境内には多くの鹿がいました。

ここでも鹿せんべいが売られていました。

本殿までの距離がかなりありました。

子供たちは鹿と遊びながら(厳密には鹿せんべいをあげながら)何とか歩いてくれました。

本殿

春日大社の中心的な場所である本殿をまわりました。

回廊内に入るにはチケットの購入が必要です。

この回廊は重要文化財に指定されています。

また中にはいくつもの小さな神社もありました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off