子連れでアンコール・ワット〜 (1)2年ぶりにまたアンコール・ワットに行こうと思った3つの理由

子連れでアンコール・ワット〜 (1)2年ぶりにまたアンコール・ワットに行こうと思った3つの理由

カンボジアのシェムリアップに来ています

家族でカンボジアのシェムリアップに旅行に来ています。

シェムリアップには、アンコール・ワットをはじめとした多くの遺跡がある人気の観光地です。

アンコール・ワットは2回目

実はアンコール・ワットに家族で来るのは2回目です。

1回目の時は2年前で下の娘はまだ4歳でした。

また来ようと思ったのには、3つの理由があります。

1.シェムリアップは香港からだと近い

カンボジアのシェムリアップは日本からだとタイかベトナム経由で9時間くらいはかかります。

でも香港からだと経由便でも経由便でも5時間くらいで行けるので、日本に行くのとあまり変わりません。

2.遺跡探検は子供たちにとっても面白い

小さな子供に遺跡は早いかなと思いました。

でも行ってみると、子供たちにとって遺跡はリアルに「探検ごっこ」できる場所。

細かい歴史的な事情が分からなくてもそれなりに面白いようです。

今回もどっちに進もうかと「おもちゃのトランシーバー」片手に歩き回っています。

3.ホテルや飲食が比較的安い

あと最後に大事なのがお金のこと。

カンボジアはタイなどの他の東南アジアの国に比べて物価が安いです。

そのため観光地で高めではあるものの、ホテルや飲食が安く済みます。

感覚的には、日本の半額よりちょっと安いぐらいです。

ビールはかなり安くて、店によっては1USD(約110円)で生ビールが飲めます。

最後に

海外に行って心配なのが、治安の問題。

カンボジアも場所によっては治安の問題があります。

ジャングルには未だに大量の地雷が埋められているため、立ち入りが制限されている区域もあるようです。

ただ、普通に観光で行くような場所はひったくりなどに気をつけるくらいで問題はありません。

移動の車やトゥクトゥクもホテルで手配しているものしか利用しないので、料金のトラブルもありません。

アンコール・ワットは、ビーチリゾートとは違う楽しさがありますよ。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off