「膝を閉じれば腰痛が無くなる」のは本当でした

「膝を閉じれば腰痛が無くなる」のは本当でした

私は腰痛にいつも悩まされています。

私が腰が痛いと思い始めたのは高校3年生。それから何十年も痛みと付き合っています。

ひどくなったのがやはり出産後。

おそらく骨盤が開いたままでその後も育児で忙しくて身体をメンテナンスする余裕が無かったことが原因だと思います。

そのため2年前仕事に復帰してから会社の椅子に座りっぱなしなのがとてもつらい。

長く座っていると腰が痛くなってくるのです。

私は毎日1万歩は歩いているし、週に2回以上はヨガなど身体を動かしています。

それでも腰痛は治らなかったのです。

足を組んだり横座りしたりするので余計に悪化

しばらく座ってくるとどんどん痛くなってくるので、つい足を組んだりしてしまっていました。

今思うと足を組むことと横座りは一番やってはいけないことだったんですよね。

座っている時に足をつけるだけ

書店で見つけたこの本。

ひざを閉じれば腰痛・肩こりはよくなる! (青春新書PLAY BOOKS) | 片平 悦子 | 本-通販 | Amazon.co.jp

座っている時に膝を閉じるだけで腰痛が無くなるって本当??

そんな単純な理由で私の腰痛が治るならと思い早速試してみました。

私がしたことは、電車の中とか会社で座っている時にきちんと膝を閉じて座ること、それだけです。

座る時は腰骨を立てて、背筋を伸ばすのがポイント。

そうするとの負担がほとんど無く、しかも体の重心が腰だけに集中しないで済みます。

背もたれですが、会社の椅子では普通は寄りかからないで、仕事がひと段落した時などに軽く寄りかかる程度にしました。

午後になっても痛くなかった

この座り方にして1日目から効果が出ました。午後になっても腰が痛くならなかったのです!

効果テキメンで本当に驚きました。

確かに微妙な違和感は残っているのですが、気にならない程度なので問題ありません。

でも悪い習慣ってすぐには治らないですね。

無意識に足を組もうとしてしまうことが何度もありました。

でも、その度にとどまって元の膝をくっつけるポジションに戻しました。

今思えば、20代の頃はいつも会社にスカートを履いて行っていたので、もっと座り方には気を使っていたかも。

最近はすっかりパンツスタイルばかりだったので、気持ちも脚も(笑)緩んでしまっていたんだと思います。

大切なことに気づいて本当に良かったです。

最後に

座り方に気をつけるようになると、次に気になるのが普段の立ち方。

あごを引いてかかとは付けて、、と試行錯誤していますが、まだきちんと出来ていません。

これは、今後の課題にしたいと思います。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off