香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(7)写真撮影大好き中国人にひたすら撮られていた隊員たち

香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(7)写真撮影大好き中国人にひたすら撮られていた隊員たち

写真撮影にお咎めは無かった

今回の開放日ですが、空母「遼寧」に関しては「中の重要な部分はカバーで隠され、写真は甲板の上のみで携帯カメラのみ」というルールだったようです。

新圍軍營においては、元々置かれている車両等の数も少なく、見せたくないものは別の場所に置かれたりとあったのか、特に写真に関する規制はないようでした。

警備

やはり基地だけあって、至る所で警備がされていました。

その中にはデモンストレーションとして見せているものもありました。

男性隊員

ジープの前に立って説明する隊員は忙しそうです。

特にイケメン隊員になるとひっきりなしに写真を求められていて、ディズニーランドのミッキーマウスのような状態になっていました。

ブーツを履いているせいもありますが、それを差し引いても全体的に皆背が高いように感じました。

日本の自衛隊の観艦式などでもたまに見られるそうですが、このような制服を着ている男性が好きな女子が一定数いて、ひたすら隊員とのツーショット写真を撮っていました。

女性隊員

女性隊員も皆さん背が高かったです。

資料館の入り口の隊員の方は笑顔を見せてくれました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :