世界中のSIMカードが売られている「香港深水埗の鴨寮街」でマカオのプリペイドSIMを買いました

世界中のSIMカードが売られている「香港深水埗の鴨寮街」でマカオのプリペイドSIMを買いました

週末のマカオ行きの為にSIMカードが必要になりました

週末に子供の用事でマカオに行くことになりました。

香港の携帯電話は全てSIMフリーなので、海外旅行に行く香港人は旅行中にプリペイドSIMを使うのが一般的です。

私は日本を含めた海外に行く際にWifiルーターを使用していますが、機会があったらプリペイドSIMを使ってみたいと思っていました。


現地(今回はマカオ)に着いてから買う方が種類も多くて値段も安いです。

でも今回はグループの移動でカードを買う余裕が無さそうだったので、香港内で事前に購入しておくことにしました。

深水埗鴨寮街

海外のSIMを取り扱っていることで有名なのは、深水埗の鴨寮街です。

MTRの深水埗駅をおりて、出口A2またはC2から出ると正面に見えるのが鴨寮街です。

出口から見えるこの人の多さに思わず躊躇してしまいました。

正面を横切っているのが鴨寮街(Apliu Street)という通りなので、この鴨寮街を進んでいきます。

通りの左右には電気関係の屋台が並んでいます。

充電ケーブルや携帯のカバーなども売られています。

こういったケーブルは安いのですが、質が良くありません。私も以前ここで数回ケーブルを購入したのですが、すぐに使えなくなってしまいました。

そして海外SIMを取り扱っているお店が何件もありました。

電話咭

値段の差などが全く分からなかったので、今回は人が多く並んでいたこの店にすることにしました。

電話咭と書かれた看板が出ていました。「咭」はカードのことなので、テレホンカードという意味になります。

ちなみにカードには「卡」の漢字も良く使われていて、どちらも「ディンワー『カッ』」のように発音します。

3(Three)のSIMを買いました

この様に様々な国で使えるSIMカードが売られています。

お店では英語が全く通じ無いので、ノートを取り出して「澳門、2日」と筆談で話すと、この商品だと言われました。

3(Three)という電話会社のマカオで販売されているカードで、値段は60ドル(約840円)でした。

パッケージに書いてある50の金額は、マカオでの販売価格である50パタカのことです。

香港ドルとマカオパタカの換算レートは1=1なので、10ドル分が上乗せされていることになります。

マカオでは自動販売機で売られています

今回深水埗で購入したこの商品は、マカオの国境の自動販売機でも売られていました。

券売機は香港ドルも対応しています。

このSIMだったら次回はマカオに着いてから購入しても良いですね。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :