ちょっと怪しい夕暮れの油麻地を探索しました 油麻地停車場大廈(Yau Ma Tei Carpark Building) ~ 男人街~ 美都餐室(Mido Cafe) 

ちょっと怪しい夕暮れの油麻地を探索しました 油麻地停車場大廈(Yau Ma Tei Carpark Building) ~ 男人街~ 美都餐室(Mido Cafe) 

油麻地停車場大廈(Yau Ma Tei Carpark Building)

油麻地のネイザン通り沿いにある九龍中央郵政局の横から、気になるビルが見えます。

ビルに穴が開いていて、そこを道路が通っています。

このビルは駐車場ビル(油麻地停車場大廈)といって、確かに道路がビルの真ん中を突き抜けています。

この裏側がどうなっているかを見に行ってきました。

ちょっと怪しい公園

ネイザン通りを北側に歩いて行くと、このようなものが見えました。天后廟の裏側にある公園です。

写真を撮ってから公園の中に入ろうとしましたがすぐに引き返しました。

公園の中ではおじさん達が幾つかのグループに分かれておそらく将棋などのゲームにいそしんでいます。

しかも香港にしては公園の照明が暗くてちょっと怖い。

ここに夜女性が1人で入るのは避けた方が良さそうです。

男人街

ネイザン通りに戻ってさらに北に向かって歩いて、次の通りを左折します。

この通りです。

歩いて行くと、途中で上海街( Shanghai Street )にぶつかるのですが、上海街を渡ってから左折するとこのビルの裏側が見えます。

当たり前ですが、裏側にもちゃんと道路が通っていました。

遅くなる前にここに来れて良かったです。というのも、この辺りはもう少しするとちょっと様相が変わるのです。

この辺りは通称「男人街」と呼ばれています。

その理由はこの屋台街にあります。

私の行った時間は18時過ぎで、屋台のお店もまだ少ないです。

でもあと1時間もすると、この辺りには大人のおもちゃをはじめとした男性向けのグッズの店が並んで、沢山の人で溢れかえるのです。

しかもここの場所、れっきとした公共の図書館の前です。

夜だけとはいえ、図書館の前がアダルトショップってどうなのかなぁといつも疑問に思います。

廟街( Temple Street )

夜もふけてだいぶ暗くなってきたので、上海街を引き返して、廟街に向かいました。

こちらは男人街と違って(笑)安心して見ることの出来る物が売られています。

中国風な置物、将棋や麻雀のピンなど中華色の強いアイテムが並んでいました。

美都餐室( Mido Cafe )

そして最後にこちらの美都餐室でお茶をしました。

お店に入ると上の階に上がるようにと言われたので階段を上ります。

このレトロなのがいいです。

注文したのは鴛鴦茶(ユンヨンチャ)

鴛鴦茶というのは、コーヒーと紅茶が混じった香港特有の飲み物です。

注文した後、最低注文金額が20ドルとお店の張り紙に書いてあってちょっと焦りました。

私の注文したものは20ドルに満たなかったので、どうなるかと思いましたが、実際は最低金額の20ドル請求されたので、なるほどそういうことかと納得しました。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :