香港の正月と旧正月の間1ヶ月間は、私にとってちょっと中途半端な時期です

香港の正月と旧正月の間1ヶ月間は、私にとってちょっと中途半端な時期です

正月と旧正月の間の中途半端な時期

香港に住むようになったから毎年思うこと。

それは、正月と旧正月の間の約1ヶ月がなんとなく中途半端に感じることです。

新しい年になったのに、新年である感覚がこれといって持てないのです。

その理由は香港では今が年末だからです。

今年の旧暦の正月は1月28日。

そのため2017年に関しては、1月1日から27日までがこの中途半端な時期になります。

香港では正月では無くて旧正月を祝います

香港は正月では無くて、旧正月を祝います。

2016年は土日になったので違いますが、通常の年は31日まで仕事をして、祝日は1月1日のみです。

その代わりに旧暦の正月は盛大に祝います。中国では一週間ほど休みになります。

香港は一週間ではありませんが、1月30日と31日が祝日となり、4連休となります。

日本に帰省した後香港に戻ったら年末に戻されました

今年は年末年始を日本で過ごしました。

2日の深夜に香港に戻りましたが、香港ではその時点でもしっかりとクリスマスの飾りが残っていました。

年末に引き戻されたような感覚になりますね。

年末モードの香港

そして旧暦12月である現在。

街中のあちこちで正月用品が売られています。

こちらは文具店ですが、文具店と分からないくらい正月飾りが売られています。

中途半端な一ヶ月を楽しもう

この年始なのか年末なのかよく分からず中後半端なこの時期。

年の初めの気を引き締めるような気持ちが持てないのが難点ですが、せっかくなのでこの感じを楽しんでもいいのかなと思っています。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :