香港歴史博物館の特別展「アフガニスタンの古代アーティファクト展」を観に行ってきた

香港歴史博物館の特別展「アフガニスタンの古代アーティファクト展」を観に行ってきた

香港歴史博物館

尖沙咀にある香港歴史博物館で特別展「アフガニスタンの古代アーティファクト展(Ancient Artefacts of Afganistan)」が始まりました。


期間は2019年11月6日~2020年2月10日までです。

阿富汗

中国語では阿富汗古文物と書かれてありました。

アフガンって漢字だと阿富汗と書くのをはじめて知りました。

アフガニスタンの北東部で紀元前3世紀~1世紀頃作られた200のアーティファクト(工芸品など)が展示されています。

インド・ヨーロッパの影響

当時の偉い人は金で作られた飾りを全身にまとう習慣があったらしく、黄金の飾りが沢山展示されていて圧倒されます。

また当時はまだイスラム文化の影響を受ける前。

ギリシャ・ローマやインドなどの文化がシルクロードを渡って伝わっていたので、工芸品もヨーロッパみたいです。

子ども向けの施設もある

展示の外にはお子様向けのスペースもありました。

入場料

特別展なので、入場には10ドル(約140円)かかります(年間パスポートがある場合は無料)。

4ヶ月くらいと展示期間も長いので、機会があったら行ってみてください。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :