ポメラDM200の「キー割付」機能 ~ 右手首への負担を減らすポイントは「Enterキー」を極力使わないことです

ポメラDM200の「キー割付」機能 ~ 右手首への負担を減らすポイントは「Enterキー」を極力使わないことです

ポメラは説明文を読んだ方が良いとアドバイスをもらいました

今回の帰国時のものくろさんのブログのコンサルティングの際に、ポメラのショートカットキーは便利なので説明書を読んだ方が良いとアドバイスをいただきました。

その後説明書を読んでみましたがよく分かりませんでした。

でもCapsキーとCtrlキーの割付は自分でも使えると思いました。

ポメラではCtrlキーと Capsキーの割付を簡単に変更することができます

説明書にはコントロールキーを使ったショートカットが幾つも載っていました。その際に、Ctrlキーがキーの左下にあると使い勝手がよくありません。

そこで出てくるのが、CapsキーとCtrlキーのキーを割付(割り当て)を変更することです。そうすると、Ctrlキーが入力しやすくなって、ショートカットキーが使用しやすくなります。

Menuボタン→設定→キー設定→キー割付で選択が出来ます。

何か別のソフトをインストールするといった手順があると一気にやる気が失せてしまうので、簡単に設定が出来るのは本当にありがたいです。

「Capsキー」+「M」で全確定になり、Enterキーを押す回数が減ります

この設定をすると、Capsキー+Mで全確定を選択することが出来ます。

今まではかなりの頻度で右側にあるEnterキーを押していて右手を酷使してきたと思っているので、この設定はかなり便利です。

右手首にも優しい

私が親指シフトを始めたきっかけの一つが過去に痛めた右手首をなるべく酷使したくないという事があるので、この方法はかなり良さそうです。

親指シフトと併せてこの設定をうまく使いこなしたいと思っています。

キングジム デジタルメモ ポメラ ブラック DM200
キングジム
売り上げランキング: 510
デジタルメモ ポメラ DM200専用ケース
キングジム (2016-10-21)
売り上げランキング: 1,091
デジタルメモ ポメラ DM200専用保護フィルム
キングジム (2016-10-21)
売り上げランキング: 5,695
The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住7年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off