ポメラDM200で親指シフトの練習 ~ 親指の位置は3種類から選べます

ポメラDM200で親指シフトの練習 ~ 親指の位置は3種類から選べます

ポメラDM200で親指シフトキーを選択

ポメラは、キー入力方法を親指シフトに選択することが出来ます。

メニューよりキー設定を選びます。

親指シフトを選択します。

左親指シフトと右親指シフトのキーを選択します。

同時打鍵の判定時間も選択できます。

選択パターンは3種類

パターンは3種類あって、それぞれこのような特徴があります。

それぞれのポジションがどの様になるか、人差し指と親指に印を付けてみました。

  • 左人差し指・・・オレンジ
  • 左親指・・・・・黄色
  • 右人差し指・・・青
  • 右親指・・・・・水色

(1)左親指 スペースキー / 右親指 変換キー

ポメラはキー全体が若干左によっているので、右の親指の位置が少し引っ込んだ感じになります。

漢字変換はスペースキーではなくて、右親指の変換キーで行います。

(2)左親指 無変換キー / 右親指 変換キー

右指と左指ががほぼ左右対象になります。

漢字変換がスペースキーまたは変換キーになるので、左指を右に動かす作業が手間で無ければ、左指をスペースキーに置くことで左指で漢字変換キーを押すことが出来ます。

(3)左親指 無変換キー / 右親指 スペースキー

この中で一番違和感が無いと思われる入力です。

私は今まで左親指でシフトキーを押して漢字変換をしていたので、これを右指に出来ればこちらで問題ないと思われます。

(2)か(3)で行うことになりそうです

3パターンで入力をしてみました。

(1)は無理がありそうです。

今は(3)の方法で入力をしていますが、(2)だと左指で漢字変換が出来るのも魅力です。

しばらく入力を続けてどちらが良いか決めたいと思います。

広告

コメントComments Off