素食レストランのお店でも、やっぱりご飯は「がっつり」だった~六榕仙館@佐敦

素食レストランのお店でも、やっぱりご飯は「がっつり」だった~六榕仙館@佐敦

素食

素食というのは中国語でベジタリアンのことです。


中華料理の素食は、材料に肉が入っていないだけで、味付けは基本的に普通の中華料理です(厳密には味付けや薬味などにルールがありますが)。

そのため、普段ベジタリアンとは縁のない私たちにも抵抗がなく、気軽に利用できます。

六榕仙館

今回ランチタイムで行ったのは、九龍半島の佐敦にある六榕仙館です。

六榕仙館は1968年に営業を開始した、50年の歴史がある老舗レストランです。

店の客の年齢層はかなり高いです。

私自身も中年女性ですが、周りにいるのは中年というよりシニア世代だらけの店内でした。

麻辣茄子飯

今回注文したのは麻辣茄子飯です。

麻婆茄子みたいな味かなと想像しやすかったから。

かなりのボリューム

出てきたものを見て、やはりボリュームがあるなぁと思いました。

茄子だけじゃなくて、パプリカとかマッシュルームとか色々入っています。

見た目より山椒の辛さが強いので、エアコンが効いているのに汗だくになってしまいました。

具材は全て食べましたが、ご飯は3分の1位しか食べられませんでした。

香港人ってこれを全部食べるのだろうか。

そうだとすると、やっぱりすごい食欲だなぁと思うのです。

Luk Yung Sin Kwun – Hong Kong Style Vegetarian Stir-Fry in Jordan Hong Kong | OpenRice Hong Kong

【夜に行った時の記事はこちら】

50年の歴史がある老舗レストランでベジタリアン(素食)の中華料理を食べて、素食は胃腸にも優しいなと思った~六榕仙館@佐敦 | まるこの香港生活

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :