久しぶりに深水埗の街を歩いた

久しぶりに深水埗の街を歩いた

先が見えない香港の状況

犯罪者逃亡条例の改正案に反対するデモ活動が長期化しています。


今日のデモ活動に先だって主要なメンバーが一気に逮捕されるなど、その状況は先行きが不透明な状況になっています。

深水埗

子どもを日本人学校に預けた後、久しぶりに深水埗(Sham Shui Po)に行ってきました。

この場所はデモの激しい場所のひとつでもあるので、しばらくは立ち入ることも避けていました。

麻辣蛋牛治

せっかくに来たので、汝州街の新香園の麻辣蛋牛治を久しぶりに食べました。

このメニューは日本のバラエティー番組で取りあげられたので、美味しそうだなと思った方もいるかもしれません。

見た目よりずっと辛くて、頭のてっぺんから汗が吹き出してきました。

しかも胃腸の強くない私には、朝からこの辛さは若干重い。

それは分かってはいるのですが、この辛さがやみつきになってしまいます。

デモの現場

新香圜を出て、汝州街を西の方に進みました。

突き当たりの欽州街あるのは、ドラゴンセンター(西九龍中心)です。

そしてその左側には、警察とデモ隊の衝突があった深水埗警察があります。

スプレー缶で書かれた文字や、路側帯所々に巻かれた危険のテープが、このあたりでデモがあったこと物語ります。

欽州街をGardenの建物の方に進みました。

ちょうどこのあたりで先日催涙弾が発射されていたのをネットで見ました。

美荷樓 (Mei Ho House)

今回の最終目的地は美荷樓 (Mei Ho House)。

ここでお茶を飲みながら、しばらくまったりとして過ごしました。

これは甘すぎたかも。

日々の生活が続く

ここ数ヶ月色々あったけど、何となくいつものルーティンをこなしたくなりました。

早朝だったからかもしれませんが、いつものように活気あふれた深水埗の街を体感することができました。

しばらくは夜に行くのは避けた方が良いのかな。

今後の状況はわからないけど、早く普段の生活に戻りたいなと思っています。

広告

コメントComments Off