頭の中がごちゃごちゃしていてタスク管理ができない人には、まずマインドマップを書いてタスクを掘り出すのがオススメ

頭の中がごちゃごちゃしていてタスク管理ができない人には、まずマインドマップを書いてタスクを掘り出すのがオススメ

タスク管理が苦手

タスク管理というのは、一般的にはやらなくてはならない仕事(To do)をどのようにするか管理することです。


実は私はこのタスク管理が未だに苦手です。

今まで様々なノートを使ったり、様々なアプリを使ったり試したのですが、全くダメでした。

なんで私はタスク管理がこんなに苦手なんだろうかと思ったのですが、最近分かってきました。

それは、タスク管理以前の問題だったということです。

タスク管理以前

細分化の前に、タスクがなんであるかが分からない

タスク以前の問題が何かというと、「タスクが何かすら分かっていない」ということです。

頭の中がとにかくいつもごちゃごちゃしていて、やらなくてはならないことが沢山あるのは分かるけど、その中で具体的なタスクが何なのかすらさっぱり分かっていないのです。

まるで雑多なおもちゃで溢れかえっているおもちゃ箱みたいなのです。

マインドマップ®️

こんな状態ではタスクを書き出すことなんてできないのですが、そんな時に便利な方法があります。

それは、「マインドマップ®️」です。

マインドマップは、イギリスのトニープザン氏が開発した、情報や思考を整理するためのツールです。

まずはタスクを書き出す前にこのマインドマップで、タスクを見つける手順をするのです。

実際に書いてみた

ちょうどかなり頭の中がごちゃごちゃしてきて、to doを書き出すことすらできない状態になったので、実際にマインドマップで整理してみました。

ちなみに今回は手書きではなくてiMindmapと呼ばれるアプリで書いています

自分の頭の中をまず出してみることが大事

マインドマップで自分の頭の中を出してみると、自ずとタスク管理の第一歩ができます。

ここで自分のタスクを見つけることができるのです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off