マカオ世界遺産散歩~(4)リラウ広場(5)マンダリンハウス

マカオ世界遺産散歩~(4)リラウ広場(5)マンダリンハウス

マカオの世界遺産を散歩

マカオの旧市街をお散歩しました。

世界遺産を巡るお散歩はとても人気があって、ガイドブックやインターネットでも紹介されています。

(4)リラウ広場

前回の続きです。

マカオ世界遺産散歩~(3)港務局大樓 | まるこの香港生活

まだ工事中だった港務局大樓を過ぎて5分ほど歩くと、人が休憩している小さな公園がありました。

ここはリラウ広場(Largo do Lilau)と呼ばれています。

ここが世界遺産?

セナド広場とかバラ広場くらいの規模であれば納得できますが、この広場は狭くてあまり世界遺産っぽくありません。

リラウというのはポルトガル語で湧き水のことです。ここからでる地下水が飲料水となっていたそうです。

(5)マンダリンハウス

このリラウ広場のすぐそばに、マンダリンハウス(鄭家大屋)と呼ばれる邸宅がありました。

マンダリンハウスは、1869年に建設された鄭觀應(1842-1921年)のかつての邸宅です。

鄭觀應は思想家で、あの孫文も彼の影響を受けているそうです。

敷地の中は思いのほか広くて驚きました。

奥ではイベントが行われていました。

施設内には博物館も併設されています。

当日はとても暑くて汗だくだったので、ここでしばらく休憩しました。

【今回歩いたルート】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

CATEGORY :