キャセイの機内食の蕎麦にまたもや「してやられてしまった」

キャセイの機内食の蕎麦にまたもや「してやられてしまった」

台北経由で日本に戻った

日本に一時帰国をしました。

今回の一時帰国では、行きは格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスを使用して、帰りは貯まったマイルを利用して、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスを利用しました。


本当は直行便を利用したかったのですが、既に満席だったため、今回は台湾経由にすることにしました。

CX451便

成田~台北間は、CX451便、Boeing 777-300(トリプルセブン)と機材としては少し古め。

真ん中の座席の通路側の席にしました。

画面の大きさも少し大きいくらいです。

空席があった関係で、横に座っていた2人組みが窓側の座席に移動したため、横はずっと開いていました。

肘掛を独占できたので良かったです。

座席の前に携帯を充電できるスペースがありますが、今時このスペースに入るスマートフォンを持っている人っているのでしょうか。

私のiPhone XS Maxはもちろん入りません。

機内食

機内食はエコノミークラスよりはしっかりしたものがでてきます。

最初

メイン

デザートはフルーツと定番のハーゲンダッツです。

やっぱり蕎麦

機内食といえばやっぱりお蕎麦です。

ビジネスクラスだとちょっとトッピングはグレードアップしていますが、蕎麦自体は同じ麵です。

以前こんな記事を書いたことがあります。

キャセイの機内食の蕎麦に私も「してやられてしまった」~世界は終わりそうにない / 角田光代(著) | まるこの香港生活

作家の角田光代さんと同じように、毎回私もこの蕎麦を食べて、蕎麦にだまされたと思ってしまうのです。

でもこの蕎麦が無いとなんだか物足りないのです。

またもや機内食の蕎麦にしてやられてしまいました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off