深圳の街を歩いていて、香港と違うなと思った点を3つにまとめてみた〜深圳一泊旅行(7)

深圳の街を歩いていて、香港と違うなと思った点を3つにまとめてみた〜深圳一泊旅行(7)

深圳に一泊旅行した

中国の深圳に一泊旅行してきました。

今まで何度かこの深圳旅行について書いてきましたが、最後は街全体について書くことにします。


香港から来て、深圳は違うなと思った点をまとめてみました。

1つ目の違い~深圳は街や道が広い

まず印象に残ったのが、その街や道の広さです。

香港は敷地がとても狭いので、どこにいってもごちゃごちゃしていて、人が多くて疲れます。

でも深圳は街が広い分、ゆったりとした印象があります。

2つ目の違い〜ものの値段が安い

次に印象的だったのが、ものの値段の安さです。

深圳の物価自体は以前より高くなったとはいうものの、香港に比べたらずっと安いです。

日本食の価格も日本よりずっと安いです。

また今回は子どもが美容院に行きましたが、1000円以下ででカットやブローも含めてものすごく丁寧にしてもらって感動しました。

携帯の関連商品も沢山売られていました。

今回は携帯のケースを買いましたが、香港の半額です。

またスクリーンの保護シートも、普通のものから可愛い柄まで色んな種類があって、しかも張り替え作業を含めても20~30元とこちらも安い。

香港の駐在員の奥様たちが深圳で安いものを買い物する気持ちが良く分かりました。

3つ目の違い〜街の警備が厳重

そして最後にあげるのは、警備に携わる人数が全く違うということです。

ここは香港とは違う政治体制の国だと感じる部分です。

街中にはいたる所で警察(公安)が警備していました。

また今回驚いたのが、地下鉄の駅にある手荷物検査のX線です。確かに地下鉄でテロなどあり得るとは思いますが、こういった厳重な警備ははじめて見ました。

また消防署がありましたが、消防隊員が迷彩服を着ていたのも違うなと思いました。

また行ってみたい

色々と発見のあった深圳ですが、また行きたいかというと、行ってみたい。

次回は私も美容院に行ってみたいし、美味しい料理を食べられるレストランなども発見したいです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告