香港の公共交通機関運賃補助金制度(Public Transport Fare Subsidy Scheme)は、機械にオクトパスをかざすだけで簡単なのが嬉しい

香港の公共交通機関運賃補助金制度(Public Transport Fare Subsidy Scheme)は、機械にオクトパスをかざすだけで簡単なのが嬉しい

公共交通機関運賃補助金制度

2019年1月から、香港で嬉しいシステムが導入されました。


それは公共交通機関運賃補助金制度(Public Transport Fare Subsidy Scheme)です。

この制度は、オクトパスでの一ヶ月の公共交通機関の支払いが400ドル(約5,600円)を超えた場合に、その25%(最大300ドル)の運賃が戻ってくるというものです。

所定の機械にかざすだけ

この補助金をもらう方法はとても簡単。

毎月16日以降に各駅にある水色の機械にオクトパスをかざすだけです。

戻ってくるのは毎月1回。翌月にかざし忘れても、3ヶ月分はキープされるそうです。

事前申請も不要です。

ただエアボートエクスプレスなど一部の交通機関においてのみ、右にある緑色の機械での設定の必要があるそうです。

この機械以外にも、コンビニなどでも返金が可能ですが、この機械が一番楽です。

実際にかざしてみた

この機械に実際にかざしたところ、今回は132.9ドル(約1,800円)の補助金が出ました。

ご褒美みたいで嬉しい

139ドルなんてあっという間に使い切ってしまうのですが、ちょっとご褒美みたいで嬉しいですね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :