昔の香港映画をイメージしたスターバックス@旺角洗衣街でゆったりと過ごした 

昔の香港映画をイメージしたスターバックス@旺角洗衣街でゆったりと過ごした 

スターバックスのコンセプトストア


香港にはコンセプトストアと呼ばれる特徴的な内装のスターバックスが幾つかあります。

先日旺角の洗衣街にあるスターバックスに行ってきました。

旺角洗衣街

九龍半島こ旺角の洗衣街(Sai Yee Street)にあるスターバックスは、レトロな香港をイメージした特徴的な内装で有名です。

フロアは1階(日本の2階)と2階(日本の3階)の2フロアあって、合計で6,000スクエアフィート(約560平米)の広さがあります。

香港のお洒落な生活雑貨のお店であるG.O.D.がプロデュースしています。

入り口

入り口は階段になっています。

特徴的なのは、両サイドの壁に描かれた特徴的な筆記の漢字です。

この文字は、尖沙咀のスターフェリーターミナルの柱に描かれた文字をイメージしています。

1階

階段を上ってまず目につくのがこの文字。麻雀パイで作られています。

入り口から入ると、正面にオーダーカウンターが見えてその左側に席があります。

こんな個性的な内装に、写真を撮らずにはいられません。

お店の大きなテーマが「香港映画」なので、映画をイメージした内装が見られます。

2階

2階は1階とは雰囲気の違う内装ですが、こちらも香港映画をイメージしています。

2階には注文カウンターやお手洗いはありませんが、その分座席数が多いです。

ゆったり過ごした

香港のスターバックスはお店によっては狭いわりに人が多くて落ち着かないのですが、このスターバックスは座席も多いのでゆったりと過ごせるのが嬉しいです。

女人街の近くなので観光にも便利

洗衣街のスターバックスは、観光で有名な女人街の近くにあるので、観光の合間に行くことができてとても便利です。

お店は朝8時から営業していますが、10時頃までは1階のみの営業です。

午後になると混んでくるので、じっくり写真を撮りたい方は10時~12時の間くらいに行くのがオススメです。

同じスターバックスに行くなら、こんな香港らしいスターバックスが良いですね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :