お腹いっぱいで青洲灶記咖啡のポークチョップパーガーが食べられなかったのが残念~マカオ日帰り旅行@タイパビレッジ(4)

お腹いっぱいで青洲灶記咖啡のポークチョップパーガーが食べられなかったのが残念~マカオ日帰り旅行@タイパビレッジ(4)

香港から日帰りでマカオのタイパ

旧正月のお休みの時に、香港から港珠澳大橋を渡って、マカオに日帰りで出かけてきました。


今回は混雑している旧市街を避けて、タイパビレッジだけをまわることにしました。

一通りまわったあと、休憩にカフェに立ち寄ることにしました。

青洲灶記咖啡

青洲灶記咖啡(Cheng Chau Chou Kei)は、50年の歴史のあるローカルのカフェです。

最初はマカオ北部にある青州に屋台としてスタートしました。

その後本店は再開発のために立ち退きとなりましたが、分店として今も残っています。

ポークチョップバーガーはお腹いっぱいで食べられなかった

この時私はお昼に食べたアフリカンチキンでまだお腹いっぱいだったので飲み物だけオーダーしました。

でも一緒に行った香港人の友人はしっかり食べ物をオーダー。

香港人の食欲、恐るべしです。

せっかくなので、名物のポークチョップバーガーとミルクティーの写真だけ撮らせてもらいました。

とても美味しかったそうです。

次回はこれを食べたいと思っています。

青洲灶記咖啡 – 澳門氹仔舊城區的港式茶餐廳/冰室 | OpenRice 香港開飯喇

【タイパビレッジに関する他の記事はこちら】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :