香港のランチの出前は早くてしかも量が多いです / 美利茶餐廳

香港のランチの出前は早くてしかも量が多いです / 美利茶餐廳

昼食を出前で頼みました

通常香港の会社でお昼ご飯を食べるときは、主にこのような選択肢があります。

  1. 家から持参する。
  2. 外に食べに行く。
  3. 日本の弁当屋に頼む
  4. 香港の定食屋に配達を頼む

今回は、このうち4の「香港の定食屋に配達を頼む」の紹介です。

注文は同僚にお願いしました

香港人の同僚が幾つかの店のメニュー表を持っているので、それを確認。

こちらの「鮮茄牛腩飯」というメニューに決めました。

左の$41と書いてあるのがスープのみついていて、右の$45と書いてあるのが飲み物付きです。

鮮茄は、ナスではなくてトマトです。

同僚に食べたい時間の20~30分前くらいの時間にお店の方に電話してもらいました。

このようなお店は事前の予約をしていないことも多いです。

でも注文をしたらすぐに調理をしてくれるので、電話の16分後に注文した食べ物が事務所に届きました。

届いたのはこちらです

届いたのはこちらになります。

相変わらず、学生が食べるような量です。

スープにはちょっとお肉が入っています。

レモンティーにはは香港の定番のレモンの厚切りスライスが3枚も入っています。

今回はこちらで頼みました

今回は会社の近くのこの店で頼みました。

香港ではこのように様々な店で出前をしています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :