金曜日の香港発羽田行き深夜便「全日空(NH)822便」が日本人サラリーマンだらけだった理由を考えてみた

金曜日の香港発羽田行き深夜便「全日空(NH)822便」が日本人サラリーマンだらけだった理由を考えてみた

久しぶりに深夜に通常の飛行機に乗った

週末に弾丸で日本に帰国しました。今回乗ったのは全日空の深夜便であるNH822便です。


NH822便は香港を深夜0時40分に出発して羽田空港早朝の5時30分に到着します。

私は通常は格安航空会社である香港エクスプレスの深夜便を利用しています。

香港エクスプレスの深夜便は香港を23時50分に出発して、羽田空港に早朝4時45分に到着します。

ただ今回は香港エクスプレスがあまりにも高額だったので、それだったら普通の航空会社にしてもいいなと思い、贅沢に全日空便を利用することにしました。

全日空の深夜便は日本人サラリーマンだらけ

香港エクスプレスの深夜便に乗っているのは、主に香港人の旅行客です。

それに対して全日空便の多くを占めているのが日本人でした。

それも出張で香港に来たサラリーマンです。

香港発の飛行機でこれほど多くの日本人サラリーマンを見たのは今回がはじめてです。

おそらく水曜日くらいから出張で来て、金曜日の仕事の後に香港グルメでも食べて飛行機に乗り込んだといったところでしょうか。

皆さんスーツ姿のままです。

この姿で深夜便に乗るなんて。。

ゲートのベンチに座った状態でノートパソコンをパチパチする姿もちらほら。

すごいなぁ、私も真似してみようかと、いつものポメラDM200を取り出してみました。

でも私は深夜便に乗るために完全武装したパジャマ姿(スエット上下)なので、まったく彼らとは同化できませんでした。

飛行機の中でも「お疲れ様です!」

最初にビジネスクラスが呼ばれると、そこにはスーツ姿の日本人のサラリーマンがどんどん乗り込んでいきました。

まぁビジネスクラスに乗ることができれば、スーツ姿でもいいのかもしれません。

その後エコノミークラスに搭乗しましたが、こちらにも日本人出張者が沢山乗っていて、

「お疲れ様です!

といった日本人お約束の挨拶が飛び交っていました。

全日空の深夜便が日本人出張者だらけだった2つの理由

全日空の深夜便って日本人出張者が多いんだなぁと改めて実感しました。

そもそもなんでこんなに日本人が多いんだろうと考えて、2つの理由を思いつきました。

1.全日空は羽田空港着

深夜便だったら、キャセイ航空CX524便(1時25分発- 6時35分着)もありますが、残念なことに成田空港行きなので使い勝手が悪いです。

それに較べて全日空は羽田空港着なので、アクセスがとても良いです。

2.全日空のマイレージがたまる

ふたつめの理由は、全日空の方が国内も含めたマイレージプログラムが使いやすいことです。

キャセイ航空はoneworldに属しているので、日本航空のマイレージプログラムを使えはします。

でとマイル加算率などを考えると全日空の方が使い勝手が良さそうです。

飛行機に乗った瞬間に日本に戻った気分になれて良かった

日本人だらけの全日空便が悪かったかというと、そうではありません。

むしろ飛行機に乗った瞬間に日本に戻った気分になれて、とても心地よかったです。

たまには日系の航空会社もいいですね。

【全日空に関する他の記事はこちら】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告