スマートウォッチによる心拍数と血圧の自動測定は、いつ病院に行くかの参考にはなると思う

スマートウォッチによる心拍数と血圧の自動測定は、いつ病院に行くかの参考にはなると思う

胸の痛みに襲われた

先日寝る前に急な胸の痛みに襲われて、翌日の朝に公立病院の救急外来を受診しました。


この時私はTotemoiのスマートブレスレット血圧心拍数を測定していました。

このスマートウォッチは、心拍数は30分に一回、血圧は22時~翌朝8時の夜間のみ1時間に1回の自動計測をしてくれます。

当日の実際の血圧と心拍数の値はこのようになっていました。

データの下の部分が一番古いデータになります。心拍数と血圧の値が通常とほとんど変わりありませんでした。

翌朝受診することにした

最初は夜中の段階で救急外来を受診することも考えましたが、一旦様子を見ることにしました。

そして翌朝に公立病院のNorth Lantau Hospital救急外来(急症室)を受診しました。

医師の診察の結果心臓系の疾患の疑いがあるということで、すぐに心電図・レントゲン・血液検査を受けました。

最終的な検査の結果、全ての検査結果に問題は無かったため、心臓系の病気の疑いは排除され、一時的な胸の違和感という診断になりました。

スマートウォッチの情報を受診のタイミングの参考にする

こういったスマートウォッチのデータにによって病気の自己判断をするのは危険ですが、「受診をいつするかどうか自分で判断する際の参考」にはなると思っています。

今回は心拍数と血圧の自動測定に合わせて、通常の血圧計の計測もした結果、急激な数値の変化が見られなかったので、夜中の受診はしませんでした。

もしこの値に急激な変化があった場合は、朝になるのを待たないで夜中のうちに受診したと思います。

今後は精度の高いデータを常時計測する時代になる

将来的にはスマートウォッチでより精度の高いデータが計測される時代になるでしょう。

前日精度が高いと言われているオムロンのスマートウォッチもアメリカで500ドルくらいで発売が決まったようです。

Generation Zero | Blood Pressure Tracker | Omron Healthcare

医療データが計測できるスマートウォッチを装着するようになると、そういったスマートウォッチのデータが医療機関と共有されるようになって、医療機関の方が受診を促すようなこともできるのかもしれません。

高齢化が進む中で、医療データを常時計測できるスマートウォッチのニーズがますます高くなることでしょう。

【スマートウォッチに関するその他の記事】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告