海外から「チケットぴあ」を利用する場合は、日本での「電話番号認証」が必須です

海外から「チケットぴあ」を利用する場合は、日本での「電話番号認証」が必須です

チケットぴあ

北海道の釧路で開催された「エンジン01 in 釧路 あたらしくしろ」に香港から参加しました。

このイベントに参加する前にする大切なことがチケットの入手です。


エンジン01のチケットは授業ごとにチケットぴあで購入する必要があります。

当日券もありますが、人気のある授業はすぐに売り切れてしまうので事前のチケット入手が必須です。

今回は海外からチケットを入手するための手順についてまとめてみました。

チケットぴあのチケット購入の流れ

今回は海外からインターネットでチケットを予約する場合の手順を説明します。コンビニの店頭購入の方が値段が安く済みますが、海外からだとできないからです。

【チケット購入までの手順】

  1. 会員登録
  2. 電話番号認証
  3. サイトでチケット購入
  4. Cloakのサイトで引き取り場所を指定
  5. チケット発券

1〜5の中で、インターネットで手続きできる1,3,4は海外から行うことが可能です。

でも2の電話番号認証5のチケット発券は日本国内でないとできません。

電話番号認証は日本にいないとできない

電話番号認証システム2017年7月から始まりました。

大量のチケットの不正購入などが続いて、セキュリティーを強化する必要があったことが背景にあります。電話番号認証システムに使用できる電話は日本の電話のみで、海外の電話を使うことはできません。

電話認証は会員のマイページからできます。登録されている電話から指定の電話番号に直接電話をするだけです。

私はチケットぴあのアカウントを実家の住所で登録していたので、2017年末に日本に一時帰国した際に、実家から電話認証を済ませていました。

この電話番号認証は一回すれば、その後は必要ありません。

Cloakのサイトで引き取り場所をセブンイレブンに指定

チケット発券はCloak(クローク)と呼ばれるチケットぴあの発券とリセール専門のサイトで行いますが、このCloakのサービスも2018年4月にはじまったばかりの新しいサービスです。

チケットを購入した後にCloakのサイトにアクセスして、引き取り場所(セブンイレブン・ファミリーマート・店頭)を選ぶ必要があります。

ちなみに電子チケット引き取りサービスのtixeeboxと呼ばれるアプリもありますが、日本在住でないと使用できないので今回は使用しませんでした。

今回は香港からの飛行機の経由地である関西国際空港にセブンイレブンがあることが分かっていたので、Cloakのサイト上でセブンイレブンの引き取りで設定して、その時に出てきた発券番号を控えておきました。

関空で発券した

エンジン01のオープニング当日の11月2日に、香港からピーチ・アビエーション(ピーチ航空)で関西国際空港第2ターミナルに到着しました。

このターミナル内にあるセブンイレブンのレジでCloakのサイトで出てきた発券番号のメモを見せて、1枚1枚発券してもらいました。

この発券がちょっと面倒なのが難点です。

無事にチケットの引き取りが完了して良かったです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off