香港国際空港発の空港バスが、港珠澳大橋のイミグレーション経由になったことが気になる

香港国際空港発の空港バスが、港珠澳大橋のイミグレーション経由になったことが気になる

港珠澳大橋が開通

香港とマカオ・珠海を結ぶ港珠澳大橋(Hong Kong-Zhuhai-Macao Bridge)2018年10月24日に通行を開始しました。


フリーペーパー各紙では、前日の式典について大きく取り上げていました。

先日尖沙咀のバス停で空港バスのガイドのビデオを流していました。

バスを待ちながらこのビデオを観ていたら、このバスに乗ってみたくなりました。

空港バスが橋のイミグレーションを経由することになった

今後は香港国際空港から出発する空港バス(Aで始まる下の番号のバス)が、港珠澳大橋の香港側のイミグレーションオフィスである香港口岸で停まることになりました。

  • A11 北角(North Point) 行き
  • A21 紅磡(Hung Ham)行き
  • A22 藍田(Lam Tin)行き
  • A29 寶琳(Po Lam)行き

また空港バスだけで無くて、香港口岸~サニーベイ駅~香港ディズニーランドの三箇所を結ぶバスも開通することになりました。

新しい空港バスのルートがとても気になります。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :