2年目の逆算手帳~2018年に挫折した3つの理由と2019年にまた使おうと思った3つの理由

2年目の逆算手帳~2018年に挫折した3つの理由と2019年にまた使おうと思った3つの理由

2回目の逆算手帳

2018年から「逆算手帳」を使っていますが、中途半端な使い方で終わってしまいました。

でも性懲りも無くまたこの手帳を使ってみることにしました。


逆算手帳

逆算手帳は、コボリジュンコさんの開発した「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てる手帳です。

手帳にはこのような様々な項目がついていて、夢の実現のサポートをしてくれます。

  • やりたいことリスト
  • やらないことリスト
  • ライフビジョン
  • ライフ逆算シート
  • 10年逆算シート
  • 年間逆算シート
  • 年間目標シート
  • 15ヶ月ガントチャート
  • 月間ガントチャート(15ヶ月分)
  • カレンダー(15ヶ月分)
  • デイリービジョン

スケジュール管理が目的の通常の手帳とは全く構造が違います。

2018年使えなかった理由をまとめてみた

実は2018年はこの逆算手帳を上手く使いこなせなくて終わりました。

全く使っていなかった訳では無いのですが、最終的に別の手帳をスケジュール管理で使ってこの手帳はサブになっていたのです。

前回失敗した理由をまとめてみました。

1.手帳カバーのバンドをいちいちとめるのが面倒になった

2つめの理由は逆算手帳を使うカバーが自分に合ったいなかったことです。

使ったカバーはキングジムの手帳カバーです。

このカバーは決して悪く無かったのですが、単純に「毎回バンドをとめる作業が面倒になってしまった」のです。

2.別売のGYAKUSAN WEEKLYを上手く使いこなせていなかった

逆算手帳には別売のGYAKUSAN WEEKLYが付いていますが、このGYAKUSAN WEEKLYの管理ができていませんでした。

GYAKUSAN WEEKLYは、一週間毎に一枚のシートになっているのですが、紙だとばらぱらになってしまうと思うと、おっくうになってしまっていたのです。

3.始めるタイミングが遅くて、目標の所をきちんと書けなかった

そして最後の理由は、始めたタイミングが12月とちょっと遅かったことです。

そのため2018年が始まってしまって、目標を考える暇もなく日々が始まってしまいました。

今回もう一度使おうと思った理由

1.10月から始まっていたから

日本に一時帰国をした時に、すぐに使える2019年の手帳を探していました。

大体の手帳が12月・11月始まりだったのに対して、逆算手帳は10月始まりだったのが魅力的でした。

2.手帳のカバーを別のものにしたので使えると思った

今回はあらかじめ買っていたアピカの手帳カバーを使うことにしました。

ちょっと安っぽいかなと思いましたが、実際にノートを入れてみるとしっくりきました。

方眼ノートと一緒にセットしたのでちょっと厚くなってしまいましたが、色々書き込めるのでいいかなと思っています。

【A5判 方眼ノート 5mm罫】30枚 水平開き(ナカプリバイン) 5冊セット
有限会社中村印刷所
売り上げランキング: 6,566

3.GYAKUSAN WEEKLYはクリップでとめた

前回の失敗の原因の元であったGYAKUSAN WEEKLYは、ノートの最終ページに挟むことにしました。

クリップで挟んで、はずれないようにして、更に予備をキングジムのカバーについていたフォルダに挟むことにしました。

12月まで使ってから決めることにした

今回は頑張ってこの手帳を使おうと思わないで、気楽に始めることにしました。

12月まで使ってみて続けられそうだったら続けて、無理そうなら12月に帰国したタイミングで別の手帳を買っても良いのです。

まだ2019年は始まっていないのですから。

【逆算手帳公式サイト】

GYAKUSAN planner

逆算手帳2019 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー) A5
GYAKUSAN株式会社
売り上げランキング: 441
The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off