台風22号(Mangkhut)が通り過ぎた尖沙咀の「市政局百週年紀念花園」は、沢山の木がなぎ倒されて予想以上にひどい状態だった

台風22号(Mangkhut)が通り過ぎた尖沙咀の「市政局百週年紀念花園」は、沢山の木がなぎ倒されて予想以上にひどい状態だった

台風22号

2018年9月16日に香港を通過した台風22号(Mangkhut)によって、香港は甚大な被害を受けました。

私が香港に住むようになった2011年から考えても、一番強い台風でした。

シグナル10が10時間

今回の台風にあたっては、香港天文台(気象庁)がシグナル10という最大級の警報を発令しました。

警報の発令時間をまとめてみました。

16日(日)

  • 1:10am シグナル8発令
  • 7:40am シグナル9発令
  • 9:40am シグナル10発令
  • 7:40pm シグナル10解除(シグナル8)

17日(月)

  • 5:20am シグナル8解除(シグナル3)

通常はシグナル8で学校や会社が休みになります。

今回はシグナル8以上の時間が30時間、その中で最大級のシグナル10が10時間も続いたことになります。

今までもシグナル10になることはありましたが、ここまで長時間続くことはありませんでした。

市政局百週年紀念花園

尖沙咀の東側にある市政局百週年紀念花園(Urban Council Centenary Garden)は、通勤の時に良く利用する公園です。

この公園にいつも癒やされるのですが、台風の翌朝に通ったところ、事態は思いのほかひどいものでした。

公園内の植え込みの木がことごとくなぎ倒されていました。

細い通路は既に作業員の方が歩ける状態にしてくれていましたが、通路の脇に倒れた木の幹や枝が積まれていました。

正面で作業をしている方を見ると、木の枝を切っていました。

このままだと木が大きすぎて移動ができないのでしょう。

道路を倒れた木が塞いでいた

そして通路だけでなくて道路自体を塞ぐ木もありました。

百週年紀念花園と香港科学博物館の間にある加連威老道(Granville Road)は、大型のバスも通る重要な通りですが、大きな木が倒れて道路を塞いでしまい通行止めになっていました。

お昼休みにこの場所を通ると、木の撤去作業が進められていました。

もう一度夕方に同じ場所を通りましたが、まだ作業は終わっていませんでした。

噴水のエリアもひどかった

市政局百週年紀念花園は2つのエリアに分かれています。

ひとつ目は朝に通った漆威道南(Chatham Road South)沿いに伸びているエリアで、もうひとつは噴水のある麼地道(Mody Road)沿いのエリアです。

夕方に噴水のある麼地道沿いのエリアを歩いてみると、こちらも予想を超えるひどい状態でした。

噴水は止まっていて、その先にはなぎ倒された木が積み上がっていました。

このエリアはバーなどが並んでいて観光客も多いのですが、とても優雅にお酒を飲む状態ではありません。

早く元の景観に戻って欲しいです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :