香港発東京行きの深夜LCC便で「あんなに乗りたくなかった香港エクスプレス」にまた乗っても良いと気持ちが変わった5つの理由

香港発東京行きの深夜LCC便で「あんなに乗りたくなかった香港エクスプレス」にまた乗っても良いと気持ちが変わった5つの理由

香港エクスプレスは意外に良かった

先日香港から羽田空港まで香港エクスプレスの深夜便を使用しました。

香港から東京(成田と羽田)に飛んでいる深夜便は香港エクスプレスバニラエアの2種類があります。


私は今まではもっぱらバニラエア派でした。同じLCCでも、日系の飛行機会社が良いなというのがその理由です。香港エクスプレスはそれほど好きではありませんでした。

でも今回香港エクスプレスに乗って、今後はこちらを利用しても良いと思いました。

その理由をこちらに紹介します。

香港エクスプレスが良かったポイント

1.フレックスは荷物の多い一時帰国にぴったり

香港エクスプレスのチケットは以下の3種類があります。

  • ファン  手荷物のみ
  • ファン+  預け荷物25㎏まで、前方2列目以降座席指定料込
  • フレックス 預け荷物30㎏まで、最前列などのスイートシート(足元の広い席)指定料込、フライト変更料無料

このうち、何といってもオススメは一番下のフレックスです。

今回私は追加料金なしで、最前列を予約しました。

席の前はすごく広くて、小柄な私だったら座った状態で足を前に伸ばしても、前のつい立てに足が届きません。

男性だったらシートの前が広いのはとても重要ですよね。

2.フレックスを使用したら優先チェックインができます

フレックスですが、U-Firstという優先チェックインカウンターを使用できます。通常の飛行機のビジネスクラスと同じような感じです。

今回はチェックインのタイミングが早くて並んでいる人がほとんどいなかったため、残念ながらこの優先チェックインのメリットはありませんでした。

でも人が沢山並んでいたりする場合はこのサービスはありがたいと思います。

3.出発時間が早いので開いているお店がある

香港エクスプレスとバニラエアの深夜便は以下の時間で就航しています。

香港エクスプレス / バニラエア

香港発 23:50 / 2:00

東京着 4:50(羽田) / 7:00(成田)

飛行時間 4時間 / 4時間

香港発が23:50だと、早ければ22時過ぎには空港に入ることが出来ます。22時台であればまだある程度のお店は開いています

ただ、バニラエアの時間の場合は24時間営業のスターバックスなど一部の店舗しか営業をしていないため、何かを購入したい場合にとても不便です。

4.羽田空港はリムジンバスが5時から動いているので一日を有効に使うことが出来ます

そして到着時間が早いのにもメリットがあります。

羽田空港はリムジンバスでも5時から動いているため、到着してからの一日を有効に使うことが出来ます。

私の実家は千葉県なので、本来であれば成田空港の方が便利です。

しかし海浜幕張より先の千葉方面に行きたい場合は、一番早いバスの出発が8時台のです。そうすると千葉の実家に到着するのは10時近くになってしまいます。

一方羽田空港の場合は、始発バスが5:10分です。そのため、千葉の実家に6時過ぎには到着する事が出来ました。

今回は実家で仮眠を取ってから行動を起こすことが出来ました。そのためいつもほど眠気を感じずに行動が出来たのがとても良かったです。

私はバスを利用していますが、もちろん鉄道も早い時間から動いているので、電車でもとてもアクセスが良いです。

5.やっぱり羽田空港が好き

そして最後は空港の話です。

私は成田空港のLCC専用の第3ターミナルは床が陸上トラックのようになっていたりするので面白くて好きです。でも第1と第2ターミナルはまぁまぁです。

それより羽田空港の国際線ターミナルの方が好きです。

しかも東京・神奈川方面の人だったら羽田の方が断然アクセスが良いですよね。

最後に ~ あとは値段の比較とインターネット予約時のストレスが課題

このように、香港エクスプレスの良いところを色々あげましたが、もちろんデメリットもあります。

それは、値段インターネット予約時のストレスです。

値段の差

実は同じLCCでも、香港エクスプレスとバニラエアでは値段がだいぶ違うことが多いです。

例えば、1ヶ月後くらいの平日の日を同じ条件で検索してみました。尚香港エクスプレスはフレックスサービスの方で、バニラエアも荷物込みのコミコミバニラで選んでいます。

すると、料金の差がこれだけありました。(税抜き価格)

香港エクスプレス 約22,500円

バニラエア    約12,700円

同じLCCでも片道の値段がこれだけ違うのです。

インターネット予約時のストレス

香港エクスプレスを実際に予約した方はわかると思うのですが、とても予約しづらいサイトです。

まず、日本語の表記が一部分かりにくいです。

英語をそのまま翻訳しているため、途中分からなくなり私は結局英語に戻してしまいました。

また、住所入力の画面がやっかいです。

住所やパスポート番号などを入れる画面があるのですが、この住所入力の欄に、32文字・52文字といった字数制限があるのです。

しかし、この字数制限があるかどうかはその画面では分かりません。

全ての個人情報の入力が終わった後に次の画面に移った際に字数制限がありますと表記されるのです。

しかもその場合は、今まで入力したすべての個人情報がリセットされてしまうため、また一から入力し直さないといけないのです。私は結局5回位入力する羽目になってしまいました。

このシステムは本当にひどいので、改善してほしいと思っています。

こういったデメリットも考慮したうえで、今後はどちらの飛行機を使用するか検討するつもりです。

【こんな記事も書いています】

香港国際空港にある給水器は深夜便のときにとても助かります

香港国際空港に新しく出来たばかりの「ミッドフィールドコンコース(Midfield Concourse)」を探索しました

香港国際空港の出国後エリアにある「24時間営業」の飲食店を調べてみました

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住7年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告