香港国際空港に新しく出来たばかりの「ミッドフィールドコンコース(Midfield Concourse)」を探索しました

香港国際空港に新しく出来たばかりの「ミッドフィールドコンコース(Midfield Concourse)」を探索しました

ミッドフィールドコンコース

香港国際空港のミッドフィールドコンコースにあるゲートから飛行機に乗りました。

ミッドフィールドコンコース(Midfield Concourse (MFC))は、香港国際空港の第1ターミナルからランウェイを挟んだ西側に2015年12月にオープンしたばかりのサテライトです。

飛行機の出発まで時間があったので、探索してみました。


こちらのコンコースに行くには、出国審査の後に地下の鉄道に乗る必要があります。

南北に長く伸びた構造です。

香港国際空港では現在西側への拡張を進めており、今後このミッドフィールドコンコースの西側にも駐機スペースが作られる予定になっています。

新しいので施設全体がとても綺麗で開放感があります。

LCCの飛行機しか無いと思っていたら、ルフトハンザ航空の飛行機も止まっていました。

しかも隣のゲートは同じルフトハンザのフランクフルト便だったので、この辺りはドイツ人だらけでした。

2つのカフェが夜遅くまで営業しています

ゲートには両端にスターバックスコーヒーとパシフィックコーヒーがあります。

空港内ウェブサイトでは、それぞれ23時までオープンしていると書いてありました。

ても私がパシフィックコーヒーの定員に聞いたところ、実際は23:50分までオープンしているとのこと。

なんで50分という中途半端な時間なのかは良く分かりませんが。

インターネットスペース

インターネットと充電が出来る場所もあります。

パソコンはアップルでした。

給水器は仮のものが置かれていました

私は空港に行くと必ず給水器を探してしまいます。

今回の飛行機の出発は23:30分と比較的早かったので、まだ空港内で水を購入することが出来ます。

でももっと遅い時間の飛行機になると店も閉まってしまい特にLCCだと水の確保が出来ないケースが出てくるからです。

通常香港の空港には給水器があります。

でもこのミッドフィールドコンコースの給水器はまだ使われていないのか壊れているだけなのか、クローズしていました。

ただ、その近くにこのような給水器が置かれていました。

こちらはの2台並んだものは熱湯と冷水が出るタイプです。

こちらは機械の電源を切っているため単なるぬるい水でした。

香港人はお湯を飲む習慣があるので、保温効果のあるポットを持参してお湯を入れていました。

最後に 〜 空港探検は面白いです

空港の中の探検は意外な発見があります。

早めにゲートに着いたら、座っていないで時間まで歩き回ってみるのも面白いですよ。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :