質の良い睡眠のために何が必要か考えてみました / 病気を治したければ「睡眠」を変えなさい 白濱龍太郎著

質の良い睡眠のために何が必要か考えてみました / 病気を治したければ「睡眠」を変えなさい 白濱龍太郎著

睡眠は何よりも大事ですが日々の生活の中で軽視されています

睡眠は何よりも大事だと言われていますが、日々の忙しい生活の中でどうしても軽視されてしまいます。

私自身も今までちゃんと手を付けていませんでした。

この睡眠について今後少しずつ取り組んでいこうと思っているので、色々調べてみる事にしました。

睡眠不足は病気につながります

こちらの本を読みました。

睡眠のとり方が良くない事によって引き起こされる疾病が沢山あります。

なんと五大疾病ガン・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病・精神疾患)にもつながるそうです。

五大疾病まででなくても、免疫力低下によって風邪を引きやすくなったり、頭皮の環境が悪くなることで抜け毛なども引き起こします。

また個人的に気になっているのが睡眠時無呼吸症候群

太った人がなる病気のイメージがありますが、アゴが小さい場合は痩せている女性でもなり得るそうです。

私はアゴが小さくてさらに痩せていないので、ますますその要因がありそうです。

取り入れたいポイント

病気になるくらいなら、ちゃんと寝ないといけません。

こちらの書籍から、質の良い睡眠のために日々の生活で取り入れられそうなことを抜き出してみました。

早起きして朝の味噌汁 

朝食には和定食が良いそうです。魚や納豆にはトリプトファンというアミノ酸が豊富に含まれています。

ただ朝食を食べる事が出来ない場合でも、みそ汁を飲むだけで違います。

朝の通勤時は日光の下を歩く 

朝の通勤時に日光の下を歩くと体内時計がリセットされるので良いそうです。

私も会社の最寄駅からのルートを公園経由にしました。ちょっと遠回りですが、とても気持ちが良いです。

夜6時に髪をとかす

男性はの場合は6時にネクタイを緩めると良くて、女性は髪をとかすと良いそうです。

リラックスして副交感神経が優位になるからです。

6時が無理な方は、家に帰ってまず髪をとかすやり方でも良いですね。

寝る前のスマホを制限する 

私はスマホはそれほど見ていないのですが、Kindleで良く本を読んでいるので、ちょっと考えないといけないと思っています。

寝る1時間前からはブルーライトは避けた方が良いので、今後はタブレットをみる時間を決めるなど対策を立てた方が良いですね。

蒸しタオルで目を温める 

先日、使い捨ての温かくなるアイマスク「めぐリズム」を買いました。

どうも中国人の爆買いの定番商品らしく、香港のどこの薬局でも売られているのです。

使ってみましたが、目が温かくなる感覚に慣れなくてやめてしまいました。

おそらく慣れていないだけだと思います。 

でも目の周りに自律神経のスイッチがあるというなら、もう一度使ってみようと思います。

横向きに眠ることも考える

通常中~後期の妊婦は仰向けだと圧迫感があって寝られないため、「シムス体位」と呼ばれる横向きの寝かたをします。

睡眠時無呼吸症候群の人は仰向けだと気道が確保できないため、そういった方も横向きに寝た方が良いそうです。

もしいびきが酷いといった場合は、横向きに寝てみるのも良いです。(笑)

普段から口を閉じて鼻呼吸する

そして最後に大事なのはこの「鼻呼吸」です。

呼吸の基本は鼻呼吸です。

鼻呼吸が出来るか出来ないかで睡眠が決まるそうです。

普段から口を閉じて、鼻で呼吸する習慣をつけることが大事です。

最後に ~ 睡眠は奥深い

横向きに寝る事ですが、インターネットで調べると「右が下の方が良い」「左が下の方が良い」と異なった意見がありました。どちらが良いかは今後の検討材料としてとっておきます。

調べてみるほど、睡眠は奥深いです。

睡眠に関しては、他にも様々な書籍で取り扱っているので引き続き読んでいくつもりです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off