ハノイのホテルは間口が狭くて奥行きの深い「うなぎの寝床」になっていて面白い/ Hanoi Brilliant Hotel & Spa~子連れでハノイ旅行(6)

ハノイのホテルは間口が狭くて奥行きの深い「うなぎの寝床」になっていて面白い/ Hanoi Brilliant Hotel & Spa~子連れでハノイ旅行(6)

ハノイのホテル

ハノイにはブティックホテルと呼ばれる小さなホテルが沢山あります。

今回宿泊したのは、ハノイブリリアントホテル&スパ(Hanoi Brilliant Hotel & Spa)というホテルです。


ハノイのブティックホテルは間口が狭くて奥行きの深いまさに「うなぎの寝床」。

これはかつて間口の広さで税金が決まっていたことからきているそうで、京都の町屋のようです。

ハノイブリリアントホテル&スパは、青を基調にした明るい内装のホテルです。

部屋はコネクティングルーム

家族4人での宿泊だったので、コネクティングルームと呼ばれる2部屋つながっているタイプの部屋を選びました。

メインの扉を開けると廊下があって、突き当たりと右側に部屋がありました。

  • 突き当たりの部屋

  • 右側の部屋

朝食は9階

朝食は9階にあるレストランでとりました。

エレベーターは8階までしか行かないので、そこからは階段で上ります。

レストランも細長い形をしています。

サラダなど簡単な料理は、あらかじめ用意されています。

フォーやオムレツなどは注文して持ってきてもらいました。

スパも利用した

ホテルの名前が「ホテル&スパ」というくらいなので、1階の奥にはスパもあります。

宿泊客だと15%オフと聞いたので、せっかくなので夕食後に利用してみることにしました。

ホテルの外にも沢山安いスパがありますが、ホテル内だと夜遅い時間に外を歩かないで部屋に戻れるのが嬉しいですね。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off