香港深水埗で買ったプリペイドSIMカードが活躍した〜子連れでハノイ旅行(2)

香港深水埗で買ったプリペイドSIMカードが活躍した〜子連れでハノイ旅行(2)

ネットワークは必須

家族でベトナム旅行に行ってきました。

旅行といえば気になるのがネットワーク事情です。

最近は旅行の時にモバイルのルーターかプリペイドSIMカードが欠かせません。

深水埗鴨寮街

携帯電話に使うSIMカードはいつもの通り、香港深水埗の鴨寮街で買いました。

越南(広東語ではユッナムと発音)のカードありますか?とお店の方に聞くと、2種類のカードを用意してくれました。

合計でも1500円くらいだったので、万が一使えなかった場合を考えて、2種類とも買うことにしました

指定の番号にかけるだけ

プリペイドSIMカードの登録パターンはだいたいこの2つです。

  1. 所定の番号にかけてセッティング
  2. Wifiのある場所でプロファイルをインストール

今回は右側のmobifoneのツーリストSIMの方を使ってみることにしました。

このツーリストSIMは1の電話をかけるタイプなので、Wifiの場所で無くてもセットできたのが良かったです。

データローミングはしなくて良かった

買ったお店の店員さんにデータローミングはオンにすると言われたのですが、しなくても使えました。

このSIMカードはハロン湾では繋がりが悪かったのですが、ハノイでは全くストレス無く使うことができました。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off