空港方面からタクシーに乗るとき「昂船洲大橋を通ったらあたり」だと毎回思う

空港方面からタクシーに乗るとき「昂船洲大橋を通ったらあたり」だと毎回思う

青馬大橋

香港国際空港から九龍半島や香港島に行く時にはエアポートエクスプレスに乗ることが多いです。

エアポートエクスプレスは便利なのですが、個人的にひとつ残念なことがあります。

それは電車だと橋を渡ったことに気づかないことです。

青馬大橋と昂船洲大橋

空港から九龍半島に渡る時には幾つか橋を渡りますが、その中で2つ大きな橋があります。

ひとつめは青馬大橋で、もうひとつが昂船洲大橋です。

青馬大橋とそれにつながった橋

ひとつめの橋は青馬大橋(Tsing Ma Bridge)です。

青馬大橋は世界で一番長い道路鉄道併用橋として有名です。

エアポートエクスプレスと地下鉄の東涌線でもこの橋を渡っているのですが、トンネルになっているので橋を渡っていることに気づきません。

実際はランタオ島から汲水門大橋(Kap Shui Mun Bridge)馬灣高架橋(Ma Wan Viaduct)青馬大橋と3つの橋に分かれていて、合わせると全長3.5㎞になります。

今回はあたり

ランタオリンクを過ぎた後に橋が見えてきました。

  • 汲水門大橋

  • 馬灣高架橋

  • 青馬大橋

あっという間に3つの橋を走り抜けました。

昂船洲大橋

もうひとつの橋は昂船洲大橋(Stonecutters Bridge)です。

青馬大橋を過ぎて青衣島に入ると、道が2つに分かれています。ここで左に行っても九龍半島に行けますが、このルートは私にとっては「はずれ」です。

タクシーは右側の8-9コンテナターミナル方面に行きました。

今回のタクシーは「あたり」です。

トンネルを超えると昂船洲大橋が始まります。

昂船洲大橋

昂船洲大橋は全長1,596m斜張橋です。

逆L字の形になっていて、この日は曇りで少し見づらいですが、カーブから見える香港島の景色が素晴らしいです。

左側には港湾施設が広がっています。

空港バスが一番良く見えるかも

今回はタクシーの助手席でしたが、2階建てバスの一番前からの方が景色は良いです。

通常のバスだと昂船洲大橋を通りません。

香港島方面に行く空港バスと一部の九龍方面に行くバス(Aで始まるバス)だけこの橋を渡るので、そこから見るのが良いかもしれません。

2階建てバスの一番前は、安全面から言うとオススメは難しいですが、見える景色が良いのでどうしても乗ってしまいます。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :