香港では「名字が先」でも「名前が先」でもどっちでも良いのかもしれない

香港では「名字が先」でも「名前が先」でもどっちでも良いのかもしれない

名字と名前のどちらが先か

最近学校関連の書類などを書くことが多いのですが、名字が先に書くのか、それとも名前を先に書くのか悩むことがあります。

香港は基本は名字が先

香港は漢字圏なので、日本と同じように基本は名字が先で名前が後になります。

香港以外にも、中国や台湾などの中華圏や、韓国と北朝鮮・ベトナムなどが名字が先です。

香港はイギリス統治の国だったので、てっきり英語風に名前が先なのかと思っていたら、そうではありません。

香港IDは名字が先

香港内の身分証明書である香港IDカードの名前は、漢字と英語が併記されていますが

山田 花子

YAMADA , Hanako

のような記載です。

名字は全て大文字です。

名前は最初の文字だけ大文字で、その後ろは小文字に書かれています。

香港の役所などの作成した書類などもこの表記になっています。

漢字圏の人だけでなくて、例えばわが家のお手伝いさんはフィリピン人ですが、フィリピン人であっても漢字表記は無いものの、名字が先になっています。

結局どっちでも良いのかも

名字と名前が明確に分かれている書類はともかく、良く分からない書類もあります。

その時はその時で適当にやるしかありません。

多分香港人はどっちにも慣れていて、臨機応変に対応しているのだと思います。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :