イカ釣りの船からビクトリアハーバーの夜景を眺めた

イカ釣りの船からビクトリアハーバーの夜景を眺めた

イカ釣り

先日香港和僑会が主催するイカ釣りツアーに家族で参加しました。

尖沙咀

出発地点は尖沙咀のフェリーターミナルの横にある船着場です。

ここから船に乗り込んで出発です。

左側にインターコンチネンタル香港と、その横で工事中のビルが見えました。

子供と上のデッキに上りました。

ものすごい風の中、船はどんどん東の方に進んでいきました。

啓徳空港跡地

しばらくすると、左側に1998年まで香港の玄関口だった啓徳空港(啟德機場-Kai Tak Airport)の跡地が見えてきました。

今は再開発が進んで、大型客船が停泊できる啟德郵輪碼頭(Kai Tak Cruise Terminal)などの施設ができています。

この時間は下のデッキ食事の時間です。

將軍澳沖に停泊

30分ほどして九龍半島の東側にある將軍澳(Tseung Kwan O)沖に停泊しました。

もうあたりは真っ暗です。

すでに何隻ものイカ釣りの船が見えました。

私自身はイカ釣りにはあまり興味が無いので、上のデッキでのんびりと過ごしました。

香港島と九龍半島の夜景が一直線に見える

船は2時間ほど沖に停泊していました。

イカは数匹(杯)しか釣れませんでしたが、自分の娘も釣っていたので良しとします。

船は元の尖沙咀に向かって戻っていきました。

デッキいた方が「ここからだと香港島と九龍半島の夜景が一直線に見える」と言っているのが聞こえました。

正面を見ると確かに夜景が一直線に見えて、光の川のようです。

この辺りまで来ると、右側の九龍半島の建物が大きく見えてきました。

そして無事に尖沙咀の船着場に戻りました。

今回は船の上からビクトリアハーバーの夜景を十分に堪能できました。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :