ポメラDM200の液晶が真っ白になって動かなくなった「ホワイトスクリーン現象」は、おそらく故障の前兆だと思う

ポメラDM200の液晶が真っ白になって動かなくなった「ホワイトスクリーン現象」は、おそらく故障の前兆だと思う

ポメラの画面が真っ白になって動かなくなった

突然のことでした。

午前中まで普通にポメラDM200を使っていたのに、お昼に起動したら画面が真っ白になって動かなくなってしまいました。


何回立ち上げても同じ症状で使えません。

画面を良く見ると液晶の真ん中あたりの色が少し違っていました。

どうも液晶の不具合が起こったみたいです。

ネットで検索したら、このホワイトスクリーン現象は、ポメラの故障として起こりうることだということが分かりました。

1台目は画面が緑になった

今使っているポメラは2台目です。

1台目は使い始めて半年くらいで画面が緑になってしまいました。

画面が緑になった後もしばらく使っていたのですが、QRコードで原稿を読み込むことが出来ない状況に耐えられなくなって、結局2台目を買いました。

動かなくなるのも時間の問題

今回は数時間してもう一回立ち上げたら元に戻っていました。

でも前回の経験から考えると、本格的な故障状態になるのも時間の問題です。

1台目が修理済みで良かった

実は2台目が故障した時のことを考えて、先日1台目を修理に出していました。

今考えるとこの選択は正解でした。

データはこまめに転送~消去して修理にそなえよう

ポメラで書いたデータはすぐにアプリで携帯に転送するので、保存の必要なデータはほとんど無いのですが、万が一に備えてデータの整理をしておこう。

2台目もまた修理に出さないといけないかな。

本来であれば最新機種が欲しいのですが、新機種のDM30は親指シフトが搭載されていないので意味がありません。

有償修理になるので2万円くらいはしてしまうのですが、仕方ないかなぁ。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off