東京と大阪の2都市滞在の時はストップオーバーの方が割安~羽田〜関空間は全日空のコードシェアでスターフライヤーに乗った

東京と大阪の2都市滞在の時はストップオーバーの方が割安~羽田〜関空間は全日空のコードシェアでスターフライヤーに乗った

東京から大阪まで国内線で移動

今回の一時帰国では、東京と大阪の2箇所に滞在しました。

飛行機は

  • 香港→羽田
  • 羽田→関空
  • 関空→香港

と3つの便に乗りました。

ストップオーバー

ストップオーバー(Stopover)とは途中降機という意味で、乗り継ぎ地で24時間以上の滞在をすることです。(通常乗り継ぎは乗り継ぎ地の滞在が24時間以内のことを指すようです。)

東京と大阪の2箇所に滞在する場合には、ストップオーバーでチケットを購入すると、新幹線代より安い「通常の往復+5000円くらい」の金額で済むこともあります。

あえてスターフライヤー

今回は国際線のチケットを全日空で買いました。

羽田→関空(伊丹)の飛行機を検索していて、これだと思ったのがスターフライヤーです。

全日空とスターフライヤーはコードシェアをしているのです。

国際線と同じ全日空便だと面白みが無いので、今回はこのスターフライヤーの便を選びました。

スターフライヤー

スターフライヤーは北九州空港を本拠地としている航空会社です。

機体がモノトーンになっていて、席も革張りになっているので高級感があります。

機内でポメラDM200を開いていたのですが、タリーズのコーヒーとチョコのパッケージもモノトーンで統一されていてお洒落です。

お約束だけど富士山が嬉しい

以前東京~新大阪の新幹線の一番右の席を予約したのに、富士山が見えなくて残念だったことがありました。

今回は上空から見えました!

富士山を見て嬉しい自分はやっぱり日本人だと思いました。

広告

コメントComments Off