東涌最古の村「石門甲村」を散歩~山歩きは楽しいけど犬がちょっと怖かった〜香港歴史散歩@ランタオ島

東涌最古の村「石門甲村」を散歩~山歩きは楽しいけど犬がちょっと怖かった〜香港歴史散歩@ランタオ島

石門甲村

ランタオ島の東涌の郊外にある石門甲村(Shek Mun Kap)をお散歩してきました。

この村は東涌の中で一番古い村として知られています。

東涌炮台

今回のお散歩の出発地点は東涌炮台です。

ここから東涌道を上って行きました。

途中で車道沿いの歩道が無くなるので、車道と沿っている細い道に移動。

10分ほどで石門甲村に到着しました。

般若禅寺

石門甲村の中に入るまっすぐな下り道を進んでいきました。

歩き始めてすぐ右側に般若禅寺と呼ばれるお寺がありました。

ゲートは閉まったままなので、外からの写真だけです。

大王爺

引き続き村の中心に向かって進んでいきました。

駐車場の敷地の所に大きな岩があって、ここに大王爺と書かれてありました。

村人に信仰されているようです。

羅漢寺

大王爺から更に奥に進んでいきました。

途中住宅が並んでいるエリアを通って、道が3つに分かれている場所を左に曲がります。

住宅が無くなって山道に入ります。

数分歩くと羅漢寺というお寺が見えました。

敷地内に入りづらい

開放時間内だったので敷地内に入ってみました。

お寺があるのかと思ったのですが、むしろ生活をしている空間の所に入ってしまったようです。

上の方にはお洞があって、中には何台もの像が置かれていました。

ちょっと居心地が悪くなったので引き返しました。

石門甲圍門

羅漢寺をでて元の道に戻りました。

実は大王爺のあった駐車場にはこのような門があったのです。

門を裏から見ると石門甲村と書かれています。

実はこちらが側が正面で、この門が本来の入り口なのです。

この門は石門甲圍門と呼ばれていて清の時代につくられました。

石門甲圍門は香港の3級歴史建築として登録されています。

玄檀廟

この石門甲圍門のすぐ側に小さな廟がありました。

この廟は玄檀廟(Yuen Tan Temple)とよばれています。

中はこのようになっています。

犬が怖かった

今回歩いたルートです。

山歩きは発見が沢山あるのでとても楽しいですが、ちょっと怖いのが「犬」です。

この散歩の最後に村の細い道を通ったのですが、その時一軒の家があって、そこに飼い犬と思われる大型犬が5匹ほどいました。

野良犬では無さそうなので、大丈夫かと思っておそるおそる近づくと、そのうちの1匹が私に向かって飛びかかってきたのです。

その時に飼い主が出てきてその犬を呼んでくれたので、噛まれることは無かったのですが、冷や汗をかきました。

今回は飼い犬でしたが、山道には時々野良犬がいるので、噛まれたらすぐに病院に行った方が良いのだろうかと思うとちょっと心配です。

香港は狂犬病がほとんど発生していない比較的安全な場所ですが、中国大陸から狂犬病の犬がいつ渡ってくるか分からないリスクがあるのです。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

CATEGORY :