香港中央警察署跡地に新しくできる大館(Tai Kwun)のオープンが待ちきれなくて、香港歴史博物館に予習に行った

香港中央警察署跡地に新しくできる大館(Tai Kwun)のオープンが待ちきれなくて、香港歴史博物館に予習に行った

大館(Tai Kwun)がいよいよオープン

香港島のセントラルに「大館(Tai Kwun)」という新しい観光スポットがオープンします。

2018日5月29日のオープンなのですが、今からワクワクしています。


「大館(Tai Kwun)」は、様々なイベントが行われるアート施設です。

香港中央警察署の跡地

ここの場所にはかつて2006年まで使われていた香港中央警察署がありました。

この施設内には警察署だけで無くて、裁判所や監獄・そして警察関連の官舎など警察関連の様々な施設がありました。

石畳で有名なポッティンガーストリートは、この警察関連の施設に物資などを運ぶために作られたものです。

私もちょうど1年前に、施設の周りをぐるっとお散歩しています。

香港歴史博物館にある模型

実物を見る前に予習をしたくなり、香港歴史博物館に行ってきました。

この施設の以前の形の模型がこの中にあるのです。

これです。

正面から(Hollywood Road側)

左側から(Arbuthnot Road側)

後ろ側から(Chancery Lane側)

右側から(Old Bailey Street側)

そして上からだとこんな感じです。

ますます楽しみになった

模型とはいえ施設の全景を見ると実物がますますみたくなります。

既に公式サイトで、平日の夜と週末の午後の2回入場予約をしてしまいました。

早く行きたいなぁ。

楽しみです。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :