オリンピックトレイルを東涌(Tung Chung)から梅窩(Mui Wo)までハイキングした

オリンピックトレイルを東涌(Tung Chung)から梅窩(Mui Wo)までハイキングした

オリンピックトレイル

先日家族でランタオ島のオリンピックトレイル(Olympic Trail)というコースをハイキングしてきました。


オリンピックトレイルは、ランタオ島の白芒村(Pak Mong Village)から梅窩(Mui Wo)までのコースです。

コースは大体10㎞ほどの距離で、ゆっくり歩いても2時間ほどで到着します。

まずは橋の横

スタート地点はランタオ島の東涌です。

しばらくはこの海沿いの道を進んでいきます。

ここからは、建設中の香港とマカオ・珠海を結ぶ橋の港珠澳大橋(Hong Kong-Zhuhai-Macau Bridge)が良く見えます。

突き当たりにある地下道に入ります。

白芒村

地下道を出た先にあるのが、オリンピックトレイルのスタート地点である白芒村(Pak Mong Village)です。

水辺には港珠澳大橋に繋がっている連絡橋が見えます。

緩やかな道

頂上までは緩やかな道が続いています。

ここは昔使っていた焼却炉です。

ちなみに案内板には日本語も書かれています。

村の入り口のゲートです。

のどかな山の景色が広がっています。

オリンピック競技のプレート

オリンピックトレイルということで、所々にこのようなオリンピック競技のプレートがあります。

しばらく歩いてから振り返ると、橋がだいぶ下の方に見えました。

最後に階段のある少しきつめの道があります。

下りは一気に下りた

このコースの一番高い部分に到着しました。

標高約180メートルです。

ここで左に曲がると、ディスカバリーベイの老頭山(Tiger’s Head)に行くことが出来ますが、今回はこのまま梅窩まで下ることにしました。

この先は急な道が多いので、あっという間に対岸の梅窩に到着しました。

銀礦洞(Silvermine Cave )

梅窩の町の近くには、かつて銀を採掘していた場所が残っています。

また近くには小さな滝もあって、沢山の人で賑わっていました。

文武廟

梅窩には文武廟もあります。

文武廟は文学の神(文昌帝)武道の神(關武帝)が祀られているお寺で、香港内に数多くあります。

梅窩の文武廟は400年ほど前に建てられていて、毎年旧暦の5月13日に大きなお祭りが行われているそうです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :