体調不良で入院したら「高血圧」と診断されたー気を付けていたつもりでも生活習慣病になることがある

体調不良で入院したら「高血圧」と診断されたー気を付けていたつもりでも生活習慣病になることがある

入院した

先日体調を崩して入院しました。

私は自宅で定期的に血圧を測っているのですが、その数値が数日前から急激に上昇したのです。


(最高血圧178/最低血圧115)

この位高いと頭が痛くてボーッとしてしまい、仕事になりません。

病院に行っても原因が分からなくて、入院してCTスキャンなど様々な検査をしました。

最終的な診断名は「高血圧」でした。

高血圧は別の病気からくる場合が10%あります。

でも私の診断名は本態性高血圧という、90%の人が診断される一般的な高血圧です。

気をつけているつもりだった

私は普段から健康についてかなり意識をしていて、今までもこのようなことを心がけていました。

  • 白米と白いパンを控えて玄米全粒粉・雑穀入りのパンを食べる。
  • お肉より野菜を多く食べる。
  • 外食する場合は極力ベジタリアンのお店にする。
  • お酒はたまにしか飲まない
  • 普段の飲み物は常温か温かい水のみ。
  • 運動に関しては、普段から階段を利用するようにしたり、少なくとも毎日1万歩は歩くようにする。

それでも医者に「生活習慣の問題です」と言われてしまいました。

世の中には私より生活習慣に問題のある人がゴマンといるのに、私のどこに問題あるの??

と言いたい気持ちもありました。

それでも問題があると言われたので、おそらく何かあるのでしょう。

一番の原因は睡眠不足かもしれない

私の生活で唯一問題があると言えば睡眠不足です。

毎日することが多すぎて、どうしても睡眠不足になってしまうのです。

まぁ、することが多いのは世界中のお母さんに共通することなのかもしれませんが。

健康第一

今回体調を崩してから、改めて健康が大切だということを実感しました。

しばらくは自分が出来ることを色々取り組んでいきたいと思っています。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off