まだ工事中の西九文化區(West Kowloon Cultural District)を早朝に散歩した

まだ工事中の西九文化區(West Kowloon Cultural District)を早朝に散歩した

西九文化區

西九文化區(West Kowloon Cultural District)は、九龍駅の西側の海沿いに広がる広い公園を伴った建設中の文化区域です。


2018年4月現在はまだ工事中ですが、一部の施設は既に営業をはじめています。

香港にしては珍しい青い空の広がった土曜日の朝にこのエリアを散歩してみました。

トンネルの入り口

九龍駅から海の方に歩いて、公園に向かうこの歩道橋を渡りました。

ここは九龍半島と香港島を結ぶ西區海底隧道(Western Harbour Tunnel)の入り口です。

有料の自転車使うのは諦めた

公園の入り口に到着しました。

週末は10時から使用できると書かれてあって少し気になりました。

でもマップを見ると自転車で走れる区域が制限されていたので、使い勝手があまり良くないなとあきらめました。

海沿いを歩く

自転車で行くのは断念したので、サイクリングコースを海沿いに歩くことにしました。

ちょっと分かりづらいですが、奥に見えるのは斜張橋であるストーンカッターズ橋(昂船洲大橋)です。

左の奥から橋が伸びていて、途中でL字型に曲がっていてその先はストーンカッターズ島に隠れています。

ビクトリアハーバーの景色を独占

海沿いをどんどん進みます。

こんなビクトリアハーバーの景色を独占できるのは贅沢です。

香港故宮文化博物館

このあたりには将来香港故宮文化博物館(Hong Kong Palace Museum (HKPM) )ができることになっています。

故宮という名前の通り、中国にある故宮博物院(紫禁城)から借りた展示物が見られるそうです。

視覺文化博物館

工事現場を歩いて行くと、正面に大きな建物がある見えてきました。この建物は、視覺文化博物館(Museum for visual culture)という博物館の建物です。

M+

そして次はM+(エムプラス)

M+は、この西九文化區のパビリオンとしての機能があって、既に様々なイベントが行われています。

残念ながら11時からオープンなので、行った時間(10時)にはまだ開いていませんでした。

せっかくなので建物の外観だけでも撮ろうかと携帯を向けたところ、職員の方(偉い方っぽかった)が出てきました。

そして工事中なので気をつけるようにとアドバイスをくれました。

ザ・リッツ・カールトン香港

M+を出て九龍駅方面に戻りました。

正面には118階建てのザ・リッツ・カールトン香港(The Ritz Carlton, Hong Kong)が見えます。

まだまだ工事中の西九文化區。

この近くにもうすぐ出来る広州までの長距離列車の始発駅の西九龍駅と合わせて、今後も気になるスポットです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :