日本のアマゾンから香港への送料が安くなっていました(2016年5月)

日本のアマゾンから香港への送料が安くなっていました(2016年5月)

先日日本のアマゾンで本を10冊くらい注文して香港の自宅に運んでもらいました。

注文の時に、あれっと思いました。

日本から香港への送料が思いの外安かったのです。

知らないうちに送料が値下がりしていました

アマゾンが販売する書籍の送料が過去3回の発送でこのようになっていました。

2015年1月時点

  • 1件あたり1800円+1冊あたり300円

2015年10月時点

  • 1件あたり900円+1冊あたり300円

2016年5月時点

  • 1件あたり600円+1冊あたり300円

<参考> アマゾンの海外送料

Amazon.co.jp

値下げに関するアマゾンからの公式な発表が見つけられなかった為はっきりしたことはわかりませが、値下がりしているのは事実なので、これはとてもありがたいです。

6冊だと1冊あたり200円安くなった

私は大体1度に最低でも5冊は購入するので、仮に6冊注文したとします。

新旧料金で計算すると以下の通り。

旧料金

  • 1,800円 + (300円 x 6冊) = 3,600円
  • 1冊あたり600円

新料金

  • 600円 + (300円 x 6冊) = 2,400円
  • 1冊あたり400円

1冊あたりの送料が200円値下がりした形になります。

海外書店で買うのとどちらが高いか?

海外の日系書店で買うのとどちらが安いか比較しましが、上記の条件の通り6冊購入した場合は圧倒的にアマゾンです。

海外書店の値段は大体書籍自体の価格に比例した値段を設定しています。

しかし、アマゾンの上乗せ金額は書籍の価格に関わらず1冊あたり同じ金額です。

香港の日系書店での書籍の値段は為替レートにもよりますが、日本の元値の大体1.5〜2倍

仮に1.5倍と仮定して6冊購入した場合の価格の違いを下にまとめます。

書籍元値 アマゾン 日系書店

  • 800円 1200円 =1200円
  • 1000円 1400円 <1500円 100円の差
  • 2000円 2400円 <3000円 600円の差

ここから予想されることは、新書だと同じくらいで、ハードカバーになるとアマゾンの方が書籍を安く買えるということです。

どんなに重くても1冊は1冊

また、アマゾンの送料が一冊単位で決まることによるメリットは、「重い本」です。

今回子供の辞書を購入したのですが、辞書は1冊あたり1キロくらいあります。

頑張ってスーツケースに入れて日本から持って帰って預け荷物の超過料金払う料金よりもずっと安いことになります。

最後に

アマゾンの良いところをたくさん書きましたが、やはり欠点は実際の書籍を見られないことです。

今回は子供向けの書籍を購入したのですが、届いてみて予想と違ったりしたものもありました。

子供の本は、大人の本と違い紙の質や内容のわかりやすさなど実際に手にとってみないとわからない部分があるので、大人の書籍に比べてネットでの購入に少しリスクが伴うと思います。

<この記事のアップデートされた情報は以下のリンクです>

http://m5hk.com/archives/4134

 

広告