キャセイの機内食の蕎麦に私も「してやられてしまった」~世界は終わりそうにない / 角田光代(著)

キャセイの機内食の蕎麦に私も「してやられてしまった」~世界は終わりそうにない / 角田光代(著)

機内食の蕎麦

羽田空港から香港に向かうキャセイパシフィック航空のエコノミークラスの機内食です。


今回とりあげるのは機内食の横にあるお蕎麦です。

世界は終わりそうにない

作家の角田光代さんのエッセイ「世界は終わりそうにない」の中に、このお蕎麦に関することが書かれていたので一部引用します。

この機内食に、蕎麦がついていることがある。

~略〜

この蕎麦を見ると、まったく悔しいことに、私はワクっとするのである。

~略〜

でも、この蕎麦だってたいして美味しいわけではない。

私は何度も何度も何度もワクっとして、食べて、あーあ、と思ってきた。

~略〜

このとき私は、してやられた、と毎度思う。

蕎麦にだまされた、と。

蕎麦にしてやられた

この文章を読んだ時、笑いを通り越して感動してしまいました。

たしかに機内食の蕎麦ってちょっとワクっとするかも。

だから機内食にはお蕎麦がついているに違いない。

そう思いながら食べる私も、やっぱり蕎麦に「してやられてしまった」のです。

世界は終わりそうにない (中公文庫)
角田 光代
中央公論新社 (2018-01-23)
売り上げランキング: 53,533

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告