はじめての吉祥寺〜井の頭公園を探索して、終わりかけの桜に癒やされた

はじめての吉祥寺〜井の頭公園を探索して、終わりかけの桜に癒やされた

吉祥寺

日本への一時帰国の際、用事があって吉祥寺に行くことになりました。


私は吉祥寺にあまり土地勘が無かったので、Facebookで吉祥寺に何があるか訪ねたところ、井の頭公園があるということを知りました。

ちょうど桜の終わりの時期でもあったので、行ってみたいと思いました。

井の頭恩賜公園

井の頭公園の正式名称は井の頭恩賜公園といいます。

この恩賜は「おんし」と呼んで、天皇から賜ったものという意味です。

まずはUNIQLOで買い物をしました。

こんな大きなユニクロは香港には無いので驚きです。

Googleマップの案内によると、この細い路地を抜けて行く必要があるそうです。

しばらく歩くと、公園の入り口が見えてきました。

ここは正面の入り口ではありません。こんな裏から入るのもGoogleマップならではです。

ちなみに今回の吉祥寺滞在では、このグーグル先生に何度もお世話になりました。これ無しでは知らない街を歩けません。

掻い掘りによって水が綺麗になったばかり

公園の真ん中の大きな池には白鳥の形をしたボート(スワンボート)があって乗れるようになっています。

公園のウェブサイトによると、池は水質浄化のための3回にわたる「掻い掘り」(池の水を抜く作業)の後に、平成30年3月に再開されたばかりということが分かりました。

桜も終わりかけでしたが、ちゃんと見ることが出来ました。

春の心地よい気候の中、公園でのひと時を満喫しました。

【こんな記事も書きました】

広告

コメントComments Off